アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

成猫(2歳)~の生活リズム(真冬編)

猫がいる生活

どーも、かしらもです。もう冬ですね。暖冬といわれていますけど、これだけ寒くなれば「今は冬!」と断言できますね。(娘に「今は秋?冬?」と聞かれて返答に困る時期がありました。。)なので、生活リズム(真冬編)です。

soto

午前

6時半ごろ

家族みんな寝静まっている中、一匹もぞもぞと、かしらもの腕の中より抜け出し、活動を始める

  1. オシッコをすます。
  2. かしらもにスリスリでごはん催促。
  3. 反応がないとわかると、ソファーのひじ掛け部分でしゃがみこみ、かしらもに動きが出るまで監視
  4. 下の子(1年生)が、もぞもぞし始める。とりあえず、スリスリ甘えに行く。

6時40分

ねこごはんアラーム音楽が鳴り響く。数秒し、音楽に気づく。まだ寝ているパパの上を大ジャンプで踏みこんで、台所へ。

  1. ごはんの準備をしている間、右にうろうろ・ひだりにうろうろ。動物園のトラのよう。
  2. 念願のごはんにありつき、ムハムハ食べる。
  3. 一つ目のごはんを食べ終わると、二つ目を探しに速足で移動。
  4. 二つ目のごはん食べ終わり、毛づくろい。

7時半

家族が朝ごはんを食べているのを横目に、ウンチ。

ばたばたしていることをいいことに、隙あらば台所へ物色しに行こうとする

8時

子どもたち登校。邪魔されない環境で、かしらもにじゃらしでおどらされる。(5分くらい)

かしらも家事。付かず離れずの距離から監視

10時

ソファーに座ると一呼吸いれて、ももに乗ってくる。ねむる。かしらもも、じっとしていられないので、毛布の上へ猫を丸のままワープさせる。

出窓から外を監視。日光浴。あったまって、床でごろごろ。再び毛布の上で毛づくろい後、ねむる。

gurun01

gurun02

moufu01

午後

15時

子どもたち帰宅。その音で目覚める。オシッコ。うろうろ・ドタバタ。子どもたちが遊びに出てしまうと、再びねむる

16時

だんだんおなかがすいてきて、ニャーニャー・スリスリし始める。かしらもが台所にいるとニャーの声を張り上げるが、ごはんの時間ではないので無視。

再びじゃらしでおどらされる。寒い時期は、ねこ風邪ウイルスが活性化するのか、若干鼻水。そのため、おもちゃで遊ぶと鼻がピーピー鳴って、それはそれでかわいい。

16時半

ねこごはんアラームが鳴り、ごはんタイム。食べ終わると毛づくろい。やっと落ち着く

18時

夜ごはん。あいかわらず食卓の下で、おこぼれを待つ。食べ終わって一番に食器をさげる人を後から追っかける。遊びのお誘いをするため。

19時

子どもたちおふろ。楽しそうな話し声が聞こえるとおふろまで行き、カシカシし、(のびあがって前足でドアをこする)「ドアを開けて~」の催促。中に入れてもらう。しっぽだけ垂らして、あったまる

20時半

子どもたち就寝。ルミナスのねこ台で毛づくろい、ねむる。

22時

本格的にねむくなってきて、ソファーにすわっているパパのももへどさっと落ち、すぐねむる

23時

かしらもがふとんに入るや否や、やって来て、腕まくらで朝までねむる。

まとめ

冬になって、あたりが暗くなるのが早くなるにつれ、夜ごはん催促のにゃーんが、早くなってきているように感じます。そもそも猫は、早朝と夕方のうす暗いなかで狩りをしていたとか。夜ごはんは自然に任せて、時間を調整しています。

コメント