子どもの内反小趾とX脚予防に、キャロットの靴を選びました。

2018年6月29日, 小学生

恥ずかしながら、上の子が幼稚園時代、靴が小さくなっているのに気づいてあげられず、内反小趾(ないはんしょうし)気味にさせてしまいました…。発見して以来、子どもの靴にはうるさいです。

下の子の足がサイズアップしてきたので、子どもの足についてしっかり設計されているキャロット キッズシューズ を購入しました。

carrot01

内反小趾(ないはんしょうし)とは

内反小趾は足の小指が、親指側に曲がってしまう変形です。

最も多いと思われる原因がまず、足と靴のサイズ違い、つまり足に合わな靴を長時間履いたことによる変形でしょう。

  • サイズの小さな靴/大きい靴/幅の狭い靴/広すぎる靴等、足に合わない靴
  • 正しくない靴の履き方を続けたことによるもの
  • ハイヒールやパンプスなどによる前足部の圧迫、前足部超荷重による開張足の発生
  • 開張足による足のアーチバランスの低下による、足の構造変化

内反小趾は合わない靴を原因とすることがほとんどの場合です。 つまり、足に合ったしっかりとした靴を履く事が、なによりの予防と症状の緩和につながります。

横浜のオーダー健康靴プロフィットイイジマ

『靴が窮屈になってきたら、子どもが言うだろう』なんて今にしてみたらとんでもない発想をしていました(‘Д’)子どもの足の骨はまだ成長途中だし、窮屈かどうかの感覚なんて数年しか生きていない子どもたちには、まだよくわからないですよね…。

仮に窮屈に感じたとしたら、その時点ではかなりよくない状態になっている証拠です。定期的にサイズを計ってあげて、足の状態を観察するっていうことが大事なんですね。

キャロットを選んだ理由

子どもの足の変化に気づいてから、足に負担のかけないものという基準で靴選びをし始めました。そんな中、機能がよくってかつコスト的にも納得できるブランドがキャロットだと思っています。

だけど、なぜがわが家の近くの靴屋さんでは取り扱いがなく(‘Д’)ネットで購入しています。

スニーカーの詳細

carrot02

靴底が親指の付け根ぶぶんで、グイッと曲がる構造です。そのほうが、足のけり出しにいいそうです。

底部分の素材は耐摩耗のゴム。下の子はややX脚気味なので、毎回靴のつま先内側部分がこすれて擦り減ってしまいます。これなら、なかなか擦り減らなさそうです

carrot03

ベルクロタイプ

carrot04

甲をおさえるベルクロは、ひもではなく面タイプのマジックテープ付きです。その先端にちょっととっかかりがある。これ、子どもが「はがしやすい!」と、お気に入りです。

carrot05

そして、ベルクロの付け根には写真のようなパーツがあるので…

carrot06

ベルクロ部分をめくって履こうとしているときにまた戻ってきちゃって…ってイライラしたことありませんか?(むすめが以前履いていた靴で、ありました(*_*))それが、このタイプだと全く心配なし!心ゆくまで足を差し込むことができます♪

履き入れ口

carrot07

片方が縫い付けられているので、足を差し込もうとした時一緒に入り込んじゃってイライラ!とかもありません。がばっと大きく開きますよ。

洗いやすい&乾かしやすい&乾きやすい

carrot08

中敷きが取り外しできます。これで、靴の中に入り込んでしまった砂とか砂とか砂とか…砂が取りやすくなります(^^♪(洗う時の出てくる砂ってすごくないですか?)

carrot09

全体の素材はメッシュタイプです。通気性があって、蒸れにくい&洗った後乾きやすい♪

carrot10

かかと部分にループ状のひもが付いています。洗って干すとき、このひもにひっかけられて便利です。

洗濯とは関係ありませんが、かかと部分は固い素材でできていてかかとをしっかりホールドする作りになっていますよ~。

かかとの骨がしっかり成長しないと、足の変形・O脚、X脚、へん平足などの原因になったりします。

moonstar 子どもの足のための知識

ということで、わが家の子どもたちには機能性のある靴をはかせています。

まとめ

上の子は内反小趾気味。下の子はX脚気味。私は完全にO脚( ゚Д゚)問題の多いわが家…。今後しっかり検証&対策をしていきます!

2018年6月29日, 小学生

Posted by かしらも