アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

今がチャンス3,800円!老猫も楽しめるコンパクトでシンプルおしゃれなキャットタワー!キャットスクエア シェルフスタイル

ココナラ ペット イラスト 口コミ

パッと見<キャットタワーに見えない>おしゃれなキャットタワーをモニターさせていただきました。

高いところへの上り下りがちょっと億劫になってきた高齢にゃんに。リビングのソファー横に置いて飼い主さんと同じ時間を楽しめる、そんなキャットタワーです。

在庫限り販売終了商品のため、半額以下に値下げ中!ピンときたら急いでチェックを。
ペッツデポ オリジナル ねこタワー キャットスクエア シェルフスタイル

インテリアになじむコンパクトキャットタワー

今回モニターさせていただいたのは「同じ目線でくつろげる、インテリアタイプ」がコンセプトのキャットタワー。

↑家具と馴染むように木目の素材・カラー・ボルトの頭が外に見えないデザインになっています。

実際に使ってみた感想(3歳猫)

キャットタワーを組み立ててすぐに、ぴょんぴょんっと乗ってきました!

シンプルおしゃれなコンパクトキャットタワーキャットスクエア シェルフスタイルの口コミ

3歳、3.6㎏

まだまだ若いわが家にゃんは、2段目・3段目に飛び乗るのもお手の物。ちょっと物足りないかなというくらい。

その様子を見ながら、老猫になるとこれくらいの高さがちょうどよくなるのかぁ~と、妙にしんみりしてみたり…。ころあいを見てちょうどいい高さのものを用意してあげるって大事なんだなぁと実感しました。

シンプルおしゃれなコンパクトキャットタワーキャットスクエア シェルフスタイルの口コミ

やっぱり最上段が好きなのかな、ウトウトしてます。

このキャットタワーの特徴の一つは、中世のお城をイメージしたデザイン。「窓」的な穴がいっぱいあります。

穴を使ったこんな遊びをしてみました。

シンプルおしゃれなコンパクトキャットタワーキャットスクエア シェルフスタイルで猫が遊んでいる

「見えたり見えなかったり」って、にゃんこは好きですよね。

シンプルおしゃれなコンパクトキャットタワーキャットスクエア シェルフスタイルで猫があそんでいる

さっきまでうとうとしていたのがうそのよう。鬼のような形相!

シンプルおしゃれなコンパクトキャットタワーキャットスクエア シェルフスタイルの口コミ

で、降りればすぐとれるのに、自分は安全な位置から動かないっていうパターン。

と、こんな風に組立直後に遊んだ猫でしたが、部屋の隅に設置した後2日くらいは近づきませんでした。いつもと環境が変わるのが苦手なのは猫の習性ですもんね。正常な反応です。

新しいキャットタワーを好きな場所になってもらう

そこで、前回のキャットタワー同様「ここはいいところ作戦」決行!

  • 各ステップにキャットフードを一粒ずつ置いておく
  • ごはんタイムに、キャットフードをタワーの最上段に置く

数回で慣れてくれました♪

わが家ではドライフードに水を加えて(レンジでちょこっとチン)与えています。ぴちゃぴちゃ飲みながら食べるので、少し跳ねたりも。

パネルがMDFにPU塗装仕上げだから手入れも簡単。濡らしたフキンでサッとふくだけで汚れがとれました。

cat-s15

最上段か、真ん中のステップで佇んでいるのが好きみたいです。

爪とぎ部分がお気に入り

cat-s19
「キャットスクエア シェルフスタイル」に付いている爪とぎ用カーペット。これが好評でした!ばりっばりっといい音を出しながら爪とぎしてます。

cat-s14

今まで段ボール系の爪とぎしかなかったけど、カーペットタイプも好きなのね~と再確認。

cat-s13

自分の匂いも付いて、安心した様子。

組み立て後の重量は14.2kg。「よいしょっ」と持ち上げられる重さです。コンパクトサイズだから、どこに置くとにゃんこが喜ぶか確かめながら設置できるのがいいですね。

結局わが家では、夜PC作業する部屋へ設置しました。もともとアップダウンできる個所が少なかったので、こっちの部屋へくるとひょいっと乗ってばりばりっと爪とぎするのがいつものパターン。

時折タンスの近くに移動させて、わが家で一番高い場所を満喫しています。

キャットスクエア シェルフスタイルの組み立て方(女性でも30分で設置OK)

キャットスクエア シェルフスタイルは組み立て式。ご自宅には、大きめの段ボール1つで到着します。

キャットスクエア シェルフスタイル到着時段ボール

猫3.6㎏サイズと比較するとこれくらい

玄関先までは宅急便屋さんが運んできてくれたからいいものの、部屋の広いスペースまでは持って行かないと…。「せいやっ!」って持って行く感じ。(16.2㎏)

いつもと違う雰囲気を感じ取って、足元をちょろちょろするにゃんこを踏まないよう、お気を付けください(笑)

キャットスクエア シェルフスタイル到着時段ボール

段ボールを開けてみるとこんな感じ

企画とデザインは日本ですが制作はタイ。現地の家具職人さんがひとつひとつ丁寧に作った木製タイプです。

キャットスクエア シェルフスタイル到着時段ボールに入る猫

発砲スチロールで丁寧に梱包されていました。もちろん傷はゼロ。

キャットスクエア シェルフスタイルの組み立て方

全部のパーツを出してみたところ。穴がいっぱい(笑)

「囲まれているところ」があると入ってみる猫。毎回毎回、裏切りませんね(笑)猫さん!まだ組み立ててもいませんよ~。

組み立てに必要なもの全部セットに入っています(その他に準備不要)

cat-s01

付属品 日本語の取扱説明書1枚、専用六角レンチ、ボルト

写真のようにそれぞれのパーツ裏に、アルファベットのシールが付いています。取扱説明書に図と丁寧な文章で組み立て方が書いてあるので、指示に従っていけばOK!

本当に簡単なんだけれど、強いて挙げる組立ポイントはこの2つ

  1. 穴がいっぱいあるデザインなので、図とパーツの穴の位置をしっかり確認する
  2. ボルトははじめ緩めに、全体が組みあがったらしっかりと締め上げる

cat-s16

全部のボルトをきっちり締めて「よいしょっ!」とひっくり返せば完成!今まで天地逆の状態で組み立てていたんです。これはネジが表に見えなくするための仕様。

ちょうど30分で完成しました。

キャッツデポのサイトでは、キャットタワーには珍しい「たたみ」パーツ販売や、「不要なキャットタワー引き取り」サービスも!

タイプ別・ニーズ別で選べたり、ユーザーさんの使用されている写真がとっても参考になります。
ペッツデポタウン

コメント

タイトルとURLをコピーしました