新一年生準備、自立の一歩!ランドセルと教科書の指定席を作ろう。

2018年6月13日ランドセル

新一年生ママさん、お子さんの準備はどうですか。ママさんの心の準備はいかがですか。去年新一年生ママだった私は、12月あたりまでに突っ走って、年明け、だるだるだった思い出があります(*_*;

色々と準備するものがありますが、小学校生活を経験してみてあるとすごくいいなとおもったランドセル置き場。その理由と合わせてご紹介します。

  人気のランドセルラックを見てみる

jiritu01

ランドセル&教科書の居場所

使わない時、かさばるランドセル

ランドセル、準備しましたか。毎年毎年、ランドセル商戦早まっていますね。わが家は、入学前年の夏頃購入しました。サイズも年々大きくなってきています。

わが家の娘たちは、4学年差なのですが、あきらかに下の子のランドセルの方が大きい。いっぱい入るのはいいことなんですが、おうちにあるときの場所を確保してあげないと、なんとも邪魔な存在になってしまいます。(掃除の時とか!掃除の時とかっ!!)

場所を決めることのメリット

気にならないなら、床に直置きでもいいんですが。とにかく「ランドセルはここに置いておく」っていう指定席があるといいです。そうすることによって動作がスムーズになり、「子ども自身で管理しやすい」「忘れ物をしにくい」というメリットがあります。

小学1年生の持ち物

わが家の下の子(現一年生・神奈川県)の例で言うと…

普段持っていくもの

  • 教科書
  • 筆箱
  • 給食袋(マスク・口拭きタオル・白帽子)
  • ランドセル

週明けに持っていくもの

  • 上履き
  • 体操着
  • (白衣・当番だった次週のみ)

長い休み明けに持っていくもの

  • 防災頭巾
  • 道具箱(33×23×6ぐらい)

大まかに言うと、こんなところです。普段は「ランドセル」と「教科書」の出し入れが頻繁。「明日あれ使うのに、どこにしまったっけ?」って前日の夜に言われちゃうっていうこと。避けたいですよね。( ゚Д゚)

だから、「誰が見てもわかるように置き場所を決めてしまう」という方法がいいんです。

小学5年生のもちもの

あ、あれ?今、新一年生の準備の話してましたよね?って思いました?ええ、新一年生ママに向けて発信しております。ここで!見落としてならないのが、「高学年になると確実に学用品は増える!」ってこと。

普段と週明けの持ち物は、一年生と比べてさほど変わりはありません(教科数が若干増えます)。何が増えるかといいますと。

高学年で増える学用品例

  • 裁縫セット
  • 絵具セット
  • 書道セット
  • リコーダー・アルトリコーダー
  • 探検バック(と呼ばれる、小さめの画板のようなもの)
  • 音楽用ファイル
  • 彫刻刀
  • 家庭科用エプロンなど

こんなところでしょうか。つまり、今お部屋のスペースに余裕があるなら「これらの学用品を収めるスペースをあらかじめ確保しておいたほうが、後々楽ですよ~」ということです。

入学前に準備すべき家具はこれ!

一年生の段階では、教科書類とランドセルが置ければ十分だけれど、学年があがるにつれ多くなる学用品を1か所にまとめて保管することができます。

夏だけ使用の水着とか、遠足の時だけ利用のレジャーシートとかもまとめられていいっ!

学年が上がると、教科書も新しいものをいただきますが、たまに「これは後期から使うからおうちで保管しておいて」とか、「4年生の時に使った地図帳を持ってきて」(5年生になって半年後とかに)なんて言われる「たまーに出動」の教科書も迷子にならないはず!

新一年生でも扱える大きさ

幅60、奥行34、高さ75(キャスター含む)cm

完成品の状態で届く

キャスター・フック以外の部分、全て完成品の状態で届きます。組立の必要がありません。

オープンスペースが多い

オープンスペースだと、パッと見で判断できるので出し入れが楽。ママさん適にも開いている棚と学校の時間割を見比べることで、きちんと準備できているか、確認することができて便利です。

その他おうち型タイプや、女の子が喜びそうなお花模様のもの子どもが使用しなくなってもリビングのファックス台やに使えるランドセルラックがあります。

 icon-forward 人気のランドセルラックを見てみる

 

意外と手間のかかるゼッケン付け…。キレイな文字&うすくなりにくいプリント&漂白にも対応♪

 

2018年6月13日ランドセル

Posted by かしらも