クロックス リナ スエード フラットウィメン履いてみた!ふわもちきれいめフラットシューズ

2018年8月15日スエード, , , フラット

スエード素材×軽量×ふわもちな履き心地のcrocs lina suede flat wを履いてみました。

もちもちなインソールで長時間歩いても、疲れにくいフラットシューズです。

■2018年6月追記■

残念ながら、当該商品販売終了となりました。
同モデル、素材・模様違いは現在も販売中です!

  クロックスリナシリーズを見てみる

※当ブログ記事は商品を提供いただいた上で、執筆しております。

クロックスならではの履き心地

crocs lina suede flat w(クロックス リナ スエード フラットウィメン)は、ご覧の通りシンプルで細身のフラットシューズ。流行のスエード素材ではあるものの、とりわけ特徴がないようにも見えますが…

クロックスならではの「履き心地」・「軽さ」が特徴です。

lina05

履き心地レベルは真ん中ランクの「デュアル クロックス コンフォート」。

<履き心地レベルとは>

クロックス商品内に独自に設定された指標で、好みの履き心地が一目でわかります。


  1. アイコニッククロックスコンフォート:クロックス原点「クロスライト」素材。クッション性、軽さ、快適さは今までのシューズの概念を劇的に変えました。
  2. デュアルコンフォート:「クロスライト」素材と、ショックを吸収する素材の2層構造。ダブルのクッション性で1日中快適に。
  3. ライトライド:クロックス最新素材「ライトライド」使用。「クロスライト」よりさらに軽く、クッション性に優れています。

icon-arrow-down クロックス最高レベルの履き心地「ライトライド」アイテムを実際に履いてみたレビュー 

lina04

シューズの内側、立体的に見えるところに「低反発素材」が敷いてあって、足を入れるとぷにゅっとした何とも言えない感覚を味わえます。

近所の散歩&お買い物の際に履いてみて感じたのは…
長時間履き続けることで、この低反発素材のありがたみがわかってくるってこと。

ついついお店をはしごしてしまって歩き続け…なんてときも「足裏が痛くならない」。これがトリプルコンフォートの威力!って心の中でガッツポーズしてました(笑)

サイズ:HALF SIZE展開あり

私の足実測は23.5cm、クロックスサイズではW7か、W8か…というところ。今回は余裕をみて、W8サイズ(24cm)を選択。

lina03

素足で履いてみると、すんなり。

lina02

あれ?ちょっと余裕ありすぎ(苦笑)

lina07

タイツを履いてもややゆとりはあるけれど、「歩けないほどゆるゆる」っていうわけでもない。

ん~もう少し小さめがジャストっぽいなーって思っていたら、クロックス リナ スエード フラットウィメンにはハーフサイズ展開もしていました!

スエード素材の手入れ法

スエード素材はトレンドだし、秋冬の雰囲気が出るしいいのだけれどお手入れが…と気にしていませんか。確かに、水や雨にぬれると固くなってしまうというデメリットもあります。

そんな悲しい事態にならないために履く前に防水スプレーを掛けておくと安心ですよ。

lina01

<クロックス社員さんから聞いた!スエードのお手入れ>

スエード素材はホコリや汚れがくっつきやすいです。なので…

ポイント!

  1. ブラシでホコリや汚れを取る
  2. スエード クリーナーで汚れを落とす
  3. 防水スプレー をかける

防水スプレーをかけることで、水分だけじゃなくって汚れがくっつくのも防ぐことができて、より長くシューズを愛用できますよー、とのことでした♪

履き心地がいい&シンプルなデザインなのでどんなコーディネートにも合わせやすいところが魅力です!

2018年8月15日スエード, , , フラット

Posted by かしらも