アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

ビタミンC誘導体+米×発酵の力で発酵美白!たきたてのお米肌を目指すKOSEの米肌、使用して3日目の感想。

スキンケア

ぬか漬けを漬けているおばあちゃんの手はつやつやでしっとり。それは、米ぬかが肌によい成分を持っているから、という話を聞いたことがありませんか。

94歳の祖母はぬか漬け名人で、本当に手も肌もつやつやしっとり。前から気になっていたお米・発酵パワーたっぷりの、KOSE「米肌(まいはだ)」を紹介します。
 icon-forward コーセー 米肌澄肌美白を見てみる

ビタミンC誘導体+米×発酵の力

maihada01

今年4月1日に発売されたばかりの、澄肌美白化粧水と澄肌美白エッセンスの2点をモニターさせていただいています。

KOSEの「米肌(まいはだ)」シリーズとは

KOSEの「米肌(まいはだ)」シリーズはお米の力を主軸成分とした化粧品です。

「まるで陶器のよう」と賛美される日本女性の肌、その秘密は「潤い」。潤いを与えるだけではなく、自ら潤いを作り出せる肌を作れるよう開発されたシリーズが「米肌(まいはだ)」シリーズです。

maihada07

お米と発酵の力を濃縮した美白で影問題解消

「米肌(まいはだ)」澄肌美白化粧水と澄肌美白エッセンスは、肌の奥から発光するような明るい肌を求める方のための美白ラインです。

年を重ねると肌にも問題が発生しがち。例えば同じ年齢の方でも、見た目年齢を大きく左右させる原因は…

  1. シミ
  2. 乾燥
  3. 小じわ・毛穴・キメの乱れ

の3点です。

この3点が、肌に「影」を作り、見た目年齢を押し上げてしまうのです。その「影」を「お米のパワーで取り除きましょう!」というのが、澄肌美白化粧水と澄肌美白エッセンスのミッションです。

では、アイテムごとにご紹介します。

澄肌美白エッセンス

maihada10

見た目年齢を押し上げてしまう「気になる影」を感じたら、まず使用してほしいアイテム。

2つの有効成分(ビタミンC誘導体・ビタミンE誘導体)で肌荒れを防ぎつつ、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ、米肌(MAIHADA) 澄肌美白エッセンスです。(朝・晩使用)

maihada08

化粧水で肌を整えたあと、2プッシュ分を使用します。

maihada09

艶のある白色で、ミルクタイプとクリームタイプの中間といった柔らかさ。のびがよく、無臭です。

maihada11

イラストのように基本、下から上へやさしくのばし、手のひらでやさしく引き上げながらなじませます。手のひらにほんの少し残った分を、手の甲にもぬってみました。

[塗ってから数十分後]

  • 顔全体→べたつくという感じではなく、しっとりしている感じ
  • 手の甲→さらさら、すべすべになっている!

手の甲の変化に驚きました。同じエッセンスを塗っているだけなので、顔からは自分の油が分泌され、よりしっとり感がでたのでしょう。手の甲のさらさら感!「赤ちゃんのほっぺのすべすべ感」と言っても過言ではないです。是非、最後にささっと塗ってみてください!

この「すべすべ感」はうるおいヴェールができている証拠。手の甲では、塗った初日から実感しました。


公式サイト価格:8,000円(税抜)
内容量:30ml(約1~1.5ヵ月分)
医薬部外品
約192円/日(1.5カ月使用と仮定)

澄肌美白化粧水

maihada02

シミの悩みが深い肌には、米肌(MAIHADA) 澄肌美白化粧水をプラスした、シリーズのW投入がおすすめです。

maihada05

洗顔後、手のひらかコットンに500円玉くらいの量をとり…(全量使い切ったら、つめかえだけでも発売されています)

maihada03

薄い乳白色、お米の香りがするのかなぁと楽しみにしていましたが、お米の香りはしません。うっすらとアルコールのような香り(香りが付いていない一般的な化粧水の香り?)がします。

さらっと軽い塗り心地。

maihada06

パッティングしながらなじませます。最後に手のひらでしみこませるよう顔全体を包み込みます。(朝・晩使用)

maihada04

キャップを取り外しますと、このような形状になっています。手のひらで数回パッティングをした後、手に肌が吸い付いてくるのを感じました。

500円玉分量は容器を5降り程度で出ます。さらっとしているので、1度に500円分量手のひらに出し、そのまま手で肌につけようとすると、手のひらからこぼれてしまったことがありました。個人的にはコットンでのパッティングをおすすめします。

コットンでのパッティングには注意したい点もあります。

「肌荒れで来院される患者さんの中には、間違ったコットンの使い方が原因という方が少なくありません。顔はとりわけデリケートですから、力を込めて叩き込んだり、コットンの繊維が肌に残るほどパッティングを続けると、かえって肌を傷つけてしまいます。間違った方法でケアを続けると色素沈着やシミ、しわの原因にもなりかねません」(藤井先生)

マイナビウーマン 肌荒れの原因にもなる化粧用コットン。正しい使い方は?

正しい使い方は、

  1. 毛羽立ちしにくい上質なパフを使用する
  2. 化粧水をしみこませる前にあらかじめ水を含ませておく
  3. パフは肌に対して垂直にあてる
  4. 「叩き込む」ではなく「置く」感じ
  5. 1か所に対して3~5回のパッティングが目安

化粧水使用時にはコットンを使用する方がよい、という意見もあります。

コットンを使うと、手だけに比べて、お肌の奥まで化粧水がしみこむのに加え、毛穴をひきしめることができます。
手では化粧水が温まってしまうため、毛穴が広がったままになってしまい、補給した水分も乾きやすくなってしまうのです。毛穴がひきしまるとお肌がひんやり手にすいつく感触になり、メイクも崩れにくくなります。

ユニ・チャーム コットンでもっと潤い長続き

まずはコットンパッティングの正しい使用方法を理解し、手でなじませるのがよいか、コットンでなじませるのがよいか決めるといいですね。


公式サイト価格:5,500円(税抜)
内容量:120ml(約1~1.5ヵ月分)
医薬部外品
約122円/日(1.5カ月使用と仮定)
価格:5940円(税込、送料無料)

米肌(まいはだ)を使用して3日目の感想

化粧水・美容クリームともに「さらっとした塗り心地」がぬりやすいな、と感じました。塗った後のベタツキ感が少ないので、気温が上昇してくるこれからの季節に使いやすい商品だと思います。

具体的な効果としては、顔では毛穴が目立ちにくくなってきた、手の甲は一段明るく&すべすべになったように感じます。引き続き継続使用し後日、使用後2週間の感想をまとめます。

お得なトライアルセット

ご紹介した米肌澄輝化粧水・美容液さらに「肌潤石鹸」・【ライスパワーNo.11】成分を含む「肌潤ジェルクリーム」・「澄輝CCクリーム」(各色4回分)の5点セットでお試しすることができます!「澄肌美白お試しセット」14日分、1,500円です。

また、【ライスパワーNo.11】成分を含んだ米肌シリーズのトライアルセットもあります。「肌潤石鹸」・「肌潤化粧水」・「肌潤改善エッセンス」・「肌潤クリーム」・「肌潤化粧水マスク」(1枚)の5点セット。「潤い体感セット」14日分、1,500円です。

透明感のある肌を目指している/くすみが気になる/シミが気になる/信頼して使用できる美白化粧品が欲しい方は「澄肌美白お試しセット」

とにかく乾燥が気になる/頬はカサつくのにTゾーンはテカる/たるみ毛穴が気になる/潤いが絶対的に足りない/美容液はみずみずしい感触が好きな方は「潤い体感セット」がおすすめです!

米肌~MAIHADA~ファンサイト参加中

コメント