アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

10年目以上の結婚記念日に♪日比谷花壇のミニ花束と秘密の黒板付きペアマグセット

ギフト

結婚記念日は二人が「家族」になった記念日だから、何年経っても大事にしたい日です。

結婚してから10年以上過ぎると、一緒にいることが当たり前になって「気持ち」を言葉にするのも気恥ずかしくなったり。

【日比谷花壇】花束「気持ちを伝えるMESSAGEMAG」ペアセットなら、

  • 素敵なお花
  • これからの生活にも活躍するペアマグカップ
  • 気持ちを伝えるお手伝い

3つまとめて叶います。

これからも共に歩んでいく同士に感謝の気持ちを込めて。記憶と形で残るギフトを贈りあう習慣、始めてみませんか。

messagemag08

日比谷花壇 フラワーギフト 結婚祝い

日比谷花壇オリジナルのペアマグセットは「キオクと形で残る」ギフト

恋人時代にはペアのアイテムを選ぶことに特別感を抱いていたのに、夫婦になってからはめっきり…という方も多いのでは?

生活が一緒ですからね、同じ空間・同じ食べ物・同じ経験…そこであえて「ペアグッズを買おう!」とはならないのは、すごく当たり前のことかも。

でも、結婚記念日は特別だから。

その日だけは恋人同士の2人に戻って、お揃いだから感じる「いつも一緒」という気持ち。

そんな「気持ちを一つにする」感覚を呼び起こしましょ!

 

ミニブーケとマグカップの絵柄がリンク

セット内容はミニブーケ×2と大きめのペアマグカップ。

マグカップの高さは8センチで、たっぷりのカフェオレや朝食のスープ用にも活躍してくれそうな大きさ。

この大きめなマグカップには何を入れましょう?

messagemag06

近くで見てみると「to Him」(彼へ)、「 to Her」(彼女へ)と書かれた手書きのイラストがプリントされていますよ。

これは、日比谷花壇シニアデザイナー来本曜世(くるもとてるよ)さんが手掛けたデザイン。

messagemag07

「to Him」(彼へ)のマグカップには、女性がアンスリウムを手渡す絵柄。

マグカップに描かれている個性的な形のアンストリウムは、ミニブーケに実際に入っているもの。

つまり、記念日にミニブーケを贈りあう二人の様子がカップに描かれている、というわけなんです。

イラストを見るたびに、素敵なブーケ・記念日をお祝いした日のことを思い出すはず。

messagemag09

男性用は、グリーンとオレンジがベースカラーになった、爽やかなミニブーケ。

「 to Her」(彼女へ)のマグカップには、男性の手でバラを差し出すシーンが。もちろん、ミニブーケにもバラが含まれています。

messagemag08

女性用は、ピンクがベースカラーのかわいらしいミニブーケです。

messagemag10

こちらのブーケ、よく見てみると…

messagemag01

添えられているグリーンのふちも「ピンク色」になっているのに、気づかれましたか?

もともと緑色の葉に、色水を吸わせてふちをピンク色にしたそう。

まるで頬を赤らめた女の子のようで、とってもかわいらしいアクセントになっています♪

お花が終わってしまった後も、マグカップに描かれている花のイラストが記憶を呼び起こしてくれます。

 

気持ちを伝えるマグカップ

花を差し出すイラストの裏側には、付属の色鉛筆でメッセージを書き込める部分があります!

※付属の色鉛筆を使い終わった後は、市販の色鉛筆で代用できます。

messagemag11

ちょっとしたメッセージや、絵も描くことができるスペース。

普段は照れくさい言葉や、感謝の気持ち、時には連絡事項を書いてみても楽しいかも。

messagemag05

一度書いた絵や文字を書き直したいときは、この手順で。

  1. 台所用洗剤などで洗う
  2. 十分にすすぐ
  3. よく乾かす

普段の食器お手入れと同じですね。その後再び書けるようになります。

ご紹介したセット以外にも、「to Him」(彼へ)・「 to Her」(彼女へ)それぞれの単品や、豪華なアレンジメント+ペアグッズセットのギフトが用意されています。
 icon-forward 日比谷花壇の結婚記念日ギフトペアセットを見てみる
icon

男性へ贈るミニブーケ・女性へ贈るミニブーケ。

この日ばかりは、恥ずかしがらずに贈りあってみては?

日比谷花壇

コメント