アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

肌の内側からエイジングケア!美容クリーム・ナールスユニバ使用レビュー

ナールスユニバ スキンケア

大学×化粧品会社の産学連携で誕生した、今までにない新しいコンセプトに基づく画期的なエイジングケア化粧品成分の「ナールスゲン」。そのナールスゲンがたっぷり含まれた高機能エイジングケアクリーム「ナールスユニバ」をモニターさせていただきました。

社員さんからお伺いしたポイントと、実際に「ナールスユニバ」を体験してみて感じたポイントをまとめました。お得に購入できる情報もあります♪

公式サイトで詳しく見てみる▶ ナールスユニバ

大学発エイジング化粧品成分【ナールスゲン】とは

京都大学で見出され、大阪市立大学との共同開発を経て産学連携で作られた、画期的なエイジングケア化粧品成分です。

ナールスゲンの最大の魅力は、肌の細胞に働きかけて肌が本来もっている力を発揮させること。

エイジングサインのエの字も気にならなかった10代の頃は、今よりも確実に潤って・ハリがあったはず。それは、うるおいやハリの元である「コラーゲン」や「エラスチン」が肌内部で十分に生成されていたからなんです。

コラーゲン エラスチン

もともと私たちの肌は、自分の力で潤ったり・適度な弾力を保つことができていたんですよね。それが「光老化」や、「加齢」なんかの影響で少しずつできなくなってしまって、小じわ・たるみ・ほうれい線…なんかが気になってくる。

化粧品コーナーに行くと「コラーゲン配合」とか「ヒアルロン酸配合」なんていう表現が、パッケージ記載されているのをよく目にしますよね。それらの多くが、従来からある美容法である不足してしまった成分(コラーゲン・ヒアルロン酸など)を「外から補おう」っていう発想のもの。使うと効果はあるものの、残念ながら根本改善とはいきません…。

一方、ナールスユニバに配合されている「ナールスゲン」は、「コラーゲン」や「エラスチン」を作り出す細胞(線維芽細胞)そのものに働きかけて本来のように作り出してもらう、つまり「肌内部で必要な成分を作り出す」ことができるんです!【外から補うのでなく、内から作り出す】これが今までの美容法との大きな違いです。

icon-arrow-circle-down 大学の研究と産業との連携で発見された画期的な成分「ナールスゲン」が特集され、テレビのニュース番組で取り上げられました。

かんさい情報ネット ten.

ナールスゲンが作用することで、

  • コラーゲン(=肌のハリ・つやの元)
  • エラスチン(=コラーゲンをしっかり束ね、お肌のハリや弾力を保つのに重要な役割を果たす弾性線維のこと。エラスチンがないと、コラーゲンはうまく機能しません!/40代から急激に減少するといわれていて、しわやたるみなどにつながります。)
  • HSP47(=コラーゲンが正しく機能するように手助けする成分)

が増えてくれます♪

コラーゲン・エラスチン・HSP47が増えるとこんなにウレシイことが。

  • 肌のつや・弾力がUP!
  • しわ・たるみ・肌荒れ予防!
  • くすみ・たるみ毛穴・ほうれい線・目の下のたるみ/くま(黒くま)予防!

icon-arrow-circle-down ナールスのシリーズ商品「ナールスピュア」(化粧水)を左手だけ使用した結果の写真です。ナールスユニバ同様、推奨濃度ナールスゲンが含まれた化粧水です。 ナールスゲンの効果がはっきり見られます!

ナールス 効果

ナールスユニバ成分

ナールスゲンが「推奨濃度たっぷり」配合されている【高機能エイジングケアクリーム】が、ナールスユニバです。

ナールスユニバ 成分

水、グリセリン、BG、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、エチルヘキサン酸セチル、ジグリセリン、ベタイン、シア脂、テトラヘキシルデカン酸、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、グルコシルヘスペリジン、レチノイン酸トコフェリル、ビサボロール、セラミドNPセラミド2セラミドAP、フィトスフィンゴシン、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、トレハロース、水添レシチン、リゾレシチン、スクワラン、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ダマスクバラ花水、グリチルレチン酸、グリチルレチン酸ステアリル、ヒノキチオール、アラントイン、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、トコフェロール、水酸化Na、ペンテト酸5Na、1,2-ヘキサンジオール

※「カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル」という表示名が「ナールスゲン」(商標登録名)にあたります。

レチノイン酸トコフェリルは、コラーゲンをサポートしたり、ターンオーバーの正常化をサポートする成分。

ナールスゲンは1カ月、2カ月と長く使うほど効果を実感する成分。それに、即効性がある保湿成分のセラミド(3種)やスクワラン・シア脂がうまく配合されているんですよ。

こだわりの量・素材

ナールスユニバ クリーム

30g入りで、約2カ月程使えます。税込み11,448円、1カ月換算すると5,724円。ちょっとお高めですよね。この価格の理由をひも解いてみると…

  • ナールスゲンが「推奨濃度たっぷり」配合されている
  • 保湿力が高く、刺激が少ない「ヒト型セラミド」が使われている
  • 「ISO-9001」を取得した生産工場
  • 充填・包装はクリーンルームで無塵服を着用した作業員の方が対応
  • アルコール性防腐剤無添加、基材は最高級品質のものを使用

実は…有効成分が少ししか入っていなくても、「〇〇配合!」って書けちゃうんですよね。そんな中、しっかり「推奨濃度」までナールスゲンが入っているところがポイント。

ナールスユニバ 使用量

【セラミド】は、水分を保持して肌のバリア機能を果たすとっても大事なもの。それが、40代になると20代の頃に比べてなんと約半分にまで量が減ってしまうそう。

セラミド量

セラミド量が減ってしまうと…

  1. 肌の保水機能低下
  2. バリア機能低下
  3. 乾燥
  4. 肌老化が進む

結果的に肌老化へつながってしまうんですね(涙)では、セラミドにも種類があるって知っていましたか?

種類があり、その中でも微妙に作用・効果が違う。ナールスユニバに配合されているセラミドは私たちがもともと持っているセラミドに一番近いタイプのもので、且つ効果が高いもの。これ値段が高いセラミドなんです!3,000円以下の化粧品にはまず使われていない成分だそう。

素材・安心/安全にこだわっているが故の価格だったんですね。

ナールスユニバ使ってみました!

敏感肌、インナードライ肌ではありませんか?

20代の頃は「オイリー肌」だった私。お化粧をしても午後にはテカってきてしまったり、いちご鼻だったり…と30代になっても相変わらず「オイリー肌」だと信じ切っていました。が!機械による肌診断を受けてみると…【乾燥気味でキメが乱れている】という結果に!!

 お肌のテカリが気になる。

乾燥気味なのにニキビができる。

皮脂が多いのに、お肌がツッぱる。

こんなことが【インナードライ肌】の特徴的な症状です。当てはまっていませんか?

【乾燥気味】とわかってからというもの、あわてて保湿クリームを取り入れるようになりました…(汗)。今まで数種類の保湿クリームを使用してきて、少しずつではありますが確実に肌の状態が良くなってきていて「30代になったら保湿クリームはマスト!」だと感じています。

肌老化の大きな原因は「肌の乾燥」と「細胞の老化」だから…保湿対策は万全に。

ナールスユニバの質感:みずみずしくのびがいい

ナールスユニバ テクスチャー

乳白色のクリームです。手にとってみると、まるで「つまめる水」のようなやわらかさ。みずみずしくって、のびがとってもいいです。クリームの使い方は、肌に5点(左右の頬・ひたい・鼻先・あご)に置いて内側から外側へとやさしくのばしていくのが基本。

クリームの上に指をそっと乗せるだけです~っとすべらせることができますよ。ぐいぐい塗りこんでいってしまうと、角質を傷つけかねません。【のびがいい】っていうのは、保湿クリームを選ぶひとつのポイントだと感じました。

ナールスゲンは、肌に浸透する小さな成分

ナールスユニバ 使用感

調味料の順番として知られる「さしすせそ」(=砂糖・食塩・酢・しょう油・味噌)は「分子の大きさ順」と言われていますね。大きい分子の調味料から順に入れてあげることで、その後にくる調味料のスペースが残り、ちょうどよく調味できるのだとか。

同じように化粧品成分にも「分子の大きさ」があります。いくら有効な成分でも分子サイズが大きいと、浸透できる個所が決まっていてそれより深くの肌へは浸透できない。

例えば、通常のコラーゲンは分子サイズが大きいので、肌内部までは浸透せず表面での作用に限定されます。そのコラーゲンを小さくしたものが「低分子コラーゲン」。このサイズになると肌内部まで浸透して、内部から乾燥を防ぐということが可能。

ナールスゲンはその「低分子コラーゲン」よりもさらに小さい「超低分子」。だからすぅ~っと浸透、作用してくれるんです(※角質層まで)!

化粧品を選ぶ時は、配合成分の内容と分子のサイズをチェック!

2週間使用してみての感想

ナールスユニバ 量

とっても柔らかい感触のクリームなので、正直「あっという間に使い切っちゃうのかなぁ」なんて感覚もありました(汗)が、まだまだたっぷり残っています!表示どおり、1個で約2カ月程は使えそう。

私が一番気になっているのは「毛穴の開き」。俗に言う「たるみ毛穴」というやつですね。ナールスゲンは、長く使い続けることで効果がより発揮される成分。じっくり使ってみたいです。

ナールスユニバの使い方

朝・晩お手入れの最後に使います。

ナールスユニバ 使い方

紫外線からのダメージも軽減してくれるから、朝にもしっかり使うといいですね。

ナールスユニバ 口コミ

肌を清潔にした後、化粧水などで水分を与えて。与えた水分が蒸発しない前にナールスユニバで蓋をするイメージ。

【お得に購入】初回キャンペーン実施中

「肌悩みと正面から向き合い、じっくり効果を実感してもらいたい」という会社の思いから、少量のサンプルは販売しておらず現品サイズのみの販売です。そんな中でも、初めてならお得に購入できますよ。

初めての方お一人様1本限り:11,448円 → 7,560円(送料無料・1回のみのお届け、定期購入ではありません)
ナールスゲン配合保湿クリーム「ナールスユニバ」

肌について勉強できるナールスエイジングケアアカデミー

ナールスユニバ 値段

「しっかりと納得いただいた上で末永く使ってほしい」そんな願いから「ナールスエイジングケアアカデミー」が誕生しました。ナールス製品だけにとどまらず、「エイジングとは」から始まり「エイジングケア」にかかわる、実に様々な情報を発信している美容情報サイトです。

ただ、内容が充実しすぎてじっくり腰をすえて読まないといけないボリューミーな記事も。

楽しく読めるように、読んだ内容から出題されるクイズも毎月開催。クイズに答えると、抽選でナールスブランド製品が当たりますよ♪

以上、肌の内側からエイジングケア!美容クリーム・ナールスユニバ使用レビューでした。

自分の肌状態からの適切なケア方法を知ることがエイジングケアの近道!

ナールスゲン配合保湿クリーム「ナールスユニバ」

コメント