アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

リピート買い多数の秘密とは?アウトレットシューズプチプラブーティ

outletshoes ブーティ ファッション・クロックス

ブーティ、以前から「かわいいなぁ」とは思っていましたが、なかなか勇気を出せずに履く機会がありませんでした。

履くのを躊躇したのは、デザインがモード過ぎたり・合わせるファッションが想像できなかったり・履き心地はどうなんだろ?って多くの「?」があったから。

  • シリーズ累計・約1万6千足販売
  • 2016年12月24日現在・楽天ブーティデイリーランキング第1位
  • 口コミ評価★4.35(5点満点中・評価総数808件)

などなど、怒涛のおすすめ数に背中を押され…思い切って履いてみました!

当ブログ記事は商品を提供いただいた上で、執筆しております。

outletshoes ブーティ

デザイン性・履き心地・コスパの良さ

こんなにも売れているブーティは、outletshoes(アウトレットシューズ)さんのオリジナルブランド「menue」(メヌエ)のもの。

口コミを覗いてみますと【リピート買い】されている方がとっても多いみたいです。

どこがもう一足買いたくなっちゃうポイントなのか、チェックしてみましたよ。

outletshoes ブーティ

足長23cm・Mサイズ着用

「メヌエ」とは

とにかくシンプルなものを、洗練されたシルエットと素材にこだわって。

コンセプトを見て、もう半分くらい納得してしまった私。

結局普段使いしやすいものは「シンプルなもの」ですよね。でも、シンプルなだけじゃつまらない。そこにデザイン性(シルエット)と、素材感があればいうことなし!

メヌエシリーズはパンプスからブーツ、ローファーなんかがあって【シンプルで女性らしいシルエット】な商品が多いなぁという印象。私的には、かなり好みでした♪ちょっとぼやけそうなシンプルコーディネートでも、ぐっと引き締まるようなイメージ。

女性らしいデザインなんだけど、ロータイプも結構あってママさんにも使いやすそうな商品がいろいろありましたよ。

履きやすいブーティ

紹介するブーティはご覧の通り、サイドジッパーのないタイプ。

横にゴムが入っている【サイドゴア】タイプです。脱ぎ履きに楽で、歩くとき楽だったのはこのゴムがあったからかな、と思います。

スリッパを履くように立ったまま履けるイメージ、赤ちゃんを抱っこしたまま履いちゃう!っていう、つわものも。(気持ちは分かるが、抱っこしたままは気をつけてね…)

outletshoes ブーティ 素材感

ブラック×レース スムース調

おっかなびっくりのブーティデビュー。

初日にして5,000歩ほど歩いての感想は「歩きやすい!」。改めて…ブーティってブーツとヒールのいいとこどりなんですね(気づくの遅っ!)

outletshoes ブーティ レース

6cmヒール

長時間歩いても疲れにくかったのは、outletshoesこだわりのサイズ感があってこそ。

足幅・足囲・かかとの幅など日本人の平均的な足サイズに合うように作られているからこそ、脱げにくく歩きやすいブーティができたんですって。

通常展開の多いS~Lサイズに加えて、LL・3Lサイズも用意されていますよ。

デビューにしてこの歩きやすさを体験できたのは、ラッキーでした♪

outletshoes ブーティ インソール

インソールにもこだわりが。

インソール全体に1枚、かかと・足の付け根付近にさらに1枚ずつ高反発クッションが入ってるので、ふわふわ感が足にかかる負担を軽減してくれていました。

試着当日は実家へ遊びに。

後から聞いた話、ブーティに興味があった母(67歳)。こっそりと玄関で試し履きをしていたそう!「私にはサイズがちょっと大きかったけれど(普段22.5~23cm着用)履きやすいね!」とのことでした(笑)

口コミを覗いてみても(母・娘)の親子さんで愛用されている方も多いんです。

シンプルなデザインで、どんなファッションにも合わせやすい素材感だからこそ、親子で同じブーティも可能なんですね。

outletshoes こんな風に届きます

outletshoes 商品到着

袋を開けてみますと何やらお手紙が。

このサイズでいいはずなんだけどちょっと隙間がある…。足のかたちは人それぞれですからね、なかなか「ピッタリ!」っていうのはむずかしかったりします。

そんなとき「ちょっとの工夫でピッタリになることもあるので、こんな風に試してみては?」っていうアドバイスが紹介されていました♪

outletshoes ブーティ 商品到着

型崩れしないよう丁寧に梱包されていましたし、ヒールの付け替え用パーツが同封されていたのが何より嬉しかった!

ヒールリフトの付け替え方

付け替え用パーツが折角入っていたので、ヒールリフトの付け替え方を調べてみました。

ピンヒールは、リフト部分が小さく擦り減りやすいので取り換え方を覚えておくとよさそう。

ヒールから出ている金属棒にリフトがついています。ゴム製のリフトが擦り減ってくるとこの金属部分が出てきてしまい、歩く際すべりやすくなって危険、その前に交換しましょう。


1・傷んだリフトをニッパーかペンチで取り除く
取り外ししにくい場合はマイナスドライバーをリフトとヒールの隙間に入れて、少しづつ隙間を作っていくイメージで。(ヒール部分を傷つけないように注意!)

ここが一番の難所、力が必要なので男性に手伝ってもらうのもいいかも。

2・新しいリフトを差し込む
リフトの方向に注意しながら。
3・リフトをハンマーで打ち込む
ヒールとリフトの隙間ができないよう、ハンマーで叩いていきます。ご自宅にハンマーがない場合は玄関にたたきつけるようにしてもOK。完成!

「服と同じ数だけの靴を提供」がモットー OUTLETSHOES

創業は大正14年、楽天市場への開店は2002年からと、どちらも歴史のあるお店【アウトレットシューズ】。

店名にある「アウトレット」の意味は、一般的に日本で流通している…

少し傷等があり論理的に正規での販売が出来ないもの
流行を過ぎたもの
製造から年数が経過したもの
大量に売れ残りのある正規の在庫

といったいわゆる「2級品」という意味合いと、英文での意味である「工場直営店、特約店」という意味をあらわしているそう。

一般的なアウトレット品ではなく、新商品でも中間コストを大幅に下げ、その分、価格をアウトレット価格として販売している商品もございます。

どちらにしても、私たちユーザーが納得して低価格で購入できるのはウレシイ♪

靴を購入するのに試着ができないのはとってもつらいところ…。

outletshoes ブーティ 黒×レース

その点スタッフの方が試着してくださっているデータがすごい!

単純な足サイズのデータだけじゃなくって、試着本人が普段「ゆったりめに履くのが好きか/ぴったりめに履くのが好きか」とか、足がギリシャ型か/エジプト型(足の指、一番長いところがどの指かで種類分けされるんですよ)、ふくらはぎのサイズから膝下サイズまで!「さらに詳しい丸秘スタッフデータ」も面白かった!とっても参考になりました。探してみてね♪)

ここまでのデータがあると自分のタイプに近い方の感想と、それ以外の方の感想も踏まえてサイズ選びが迷いなくできますよねー(ありがたいっ!)

  • クレジットカード、代金引換、コンビニエンス決済
  • 宅急便:全国一律540円、税込5,400円以上で全国送料無料
  • サイズ交換片道送料無料(初回のみ、一部商品は除く)1週間以内連絡

コメント