月間ポピーが小学1年生の家庭学習に向いているのは、「親サポート力」が充実しているからだった。

2018年8月2日通信教育

先日機会があり、月間ポピーの教材を見せていただきました。

実は、数年前にお試し教材を取り寄せたことがあります。体験はしたものの、他の通信教育教材を選択しました。理由は子どもが『他の教材のほうが面白そう』と言ったからです。

他の通信教材を体験した今隅々までのぞいてみると、その時には気付かなかったポピーのよさを発見しました!

先輩ママとして今思うと、家庭学習の一環として通信教育を取り入れてみようかな…と考えていらっしゃるなら【お子さんの意見よりも】ママさん主導で選んでしまって問題ないと感じています!(^^)!

  月刊教材ポピー

月間ポピーとは

2歳児から中学生までの教材を取り揃えている家庭学習教材です。創刊は昭和48年(1973年)で、40年以上の実績があるんですね。毎月教材がご自宅に届くというスタイルです。

ポピー以外の代表的な通信教育会社との大きな違いは、

教科書に合わせたシンプルな教材構成で余分な付録がなく、他社に比べると続けやすい価格

というところ。「余分な付録がない」というあたりは、お母さんにはありがたいところでしょうか。かつての私も、余分な付録がない&続けやすい価格という点で「お試ししてみよう」という気になりました。

学年 月間ポピー チャレンジ Z会
小学1年生 2700円 3343円 4319円
小学2年生 2800円 3343円 4319円
小学6年生 3400円 5779円 6480円

「家庭教育」は、すべての教育の基礎

わが家には6年生と2年生の小学生がおります。学校での授業だけでは6割くらいの習得かな、という実感。それを「宿題」や「その他の問題集」を使っての『家庭学習』で復習して、しっかり身につける。

クラスのお友達を見てみても、自発的に宿題をこなせるお子さんは、生活習慣も身に付いている印象です。

勉強のよい習慣も、生活のよい習慣も、それらは互いに交流して、おのずから人間づくりにつながります。

ポピー 家庭教育理念

恥ずかしながら『月間ポピーは「国語」や「算数」などの勉強だけをする教材』という勝手な概念を持っていました。正しくは、「勉強のよい習慣・生活のよい習慣」を身につけるための手助けを目的とした教材でした!

「手助け」とはいかなるものか、教材を見ていきましょう。

教材内容

教科書に沿った内容

できれば早い時期に家庭学習の習慣を身につけたいものです。今回は「1年生」の教材を拝見させていただきました!

月間ポピーは、学校の教科書と内容が沿っています。

 

icon-check-square-o 内容が沿っていると予習・復習に使いやすいです。

  1. 予習で「なんとなく理解」
  2. 学校の授業で「しっかり理解」
  3. 家庭に戻って再び確認することで「定着!」

という理想的なサイクルができあがります!

人は忘れる生き物…。某ドラマでも「エビングハウスの忘却曲線」についての一幕がありました。初めて覚えた事をそのまま復習しないでいると、だれでもどんどん忘れていってしまう…。定期的に復習をすることで、記憶が定着するっていう実験結果のことでした。

具体的にいうと、授業後1日以内に10分、1週間以内に5分、一か月以内に2~4分、復習するとしっかりとした記憶になるんです!復習って、とっても大事なんですね。

 授業が理解できるとお子さんの自信が付きます。

自信がつくと…

  1. 積極的になる!
  2. 勉強以外のことにもチャレンジしようという活力が沸く!

これ、うちの下の子がてきめんで。「みんなにかっこよく見られたいから、お勉強する!!」と鼻息をあらく予習しております(笑)

復習に重点

popy02

学習のメインとなる教材です。

写真赤丸の部分にご注目!学校での授業の「おさらい」からはじめるようになっていますよ。学校で習ったことをその日のうちに家でも勉強することができると、わからなかったことをそのままにしてつまづく…ということを防げます。

これ、すっごく大事。

icon-asterisk    

わが家の苦い体験をひとつ…。

上の子3先生くらいまでは私も一緒に復習していました。4年生から他の通信教育を始め、楽しそうに学習していたので今までやっていた「隣に一緒にいてサポートする」っていうことをしなくなってしまったんです。

個人面談の時に渡されたテストの結果をみて愕然…。実は苦手な部分がクリアできていなかった(涙)。

  1. 予習せずに登校して授業を受ける
  2. なんとなくわかんないまま授業は終わってしまったけれど、どう先生に質問していいかもわからない
  3. テストに出て、当然理解していないので解答できず

っていう典型的な「ダメパターン」でした(汗)。

教科書と内容が沿っていれば「予習」ができなくても「復習」の段階で、この「つまずき」解消できていたはず!!

popy04

ちょっと脱線しました(汗)。再び教材の中身を見てみましょう!

 カラフルで、イラストも多様されている

なんとなく意外じゃなかったですか??(私自身、もうちょっと地味なイメージを勝手にしていました。ごめんなさいっ!)子どもたちに本屋さんでワークブックを選ばせたとき、圧倒的にカラフルでイラスト多めのものを選んでいました。子どもうけよさそうです。

 「教科書でのページ数」が記載されている

教科書では何ページのところなのか、一目瞭然です。地味だけど、かなーり便利な機能です♪

「家庭教育のお手伝いをする」という位置付け

ポピーがめざしているのは「勉強の習慣づくり」とのこと。

学校や社会で行われる教育ももちろん大切ですが、家庭は、子どもたちが社会に出る準備をして「心」や「品性」を造っていくための場です。

全家研の目指す家庭教育は「学ぶ力」つまり、自学自習する力をつける教育です。
教えてもらうだけの受け身の勉強ではなく、自ら進んで学習する積極的な姿勢と、わかるまでくり返す力を養うことが、私たちの目標です。

保護者が家庭での教育者

popy06

問題の解答冊子をみて驚きました。

上半分は問題に対する解答、取り組んだ問題に対する声かけのアドバイスが下半分のスペースをさいて表記されているんです。それほど保護者の関わりが重要であるということを、示していると思います。

popy05

問題を正しく解けるともらえる、花まる。

ただの花まるだけでも喜びますが、バリエーションの提案や、まるつけをするサインペンの種類にまでアドバイスが!

まるつけは、子どもの理解力と学習内容を把握することができ、コミュニケーションのきっかけにもなります。忙しい保護者の中には負担と感じる方もいるようですが、積極的にすることで「勉強の習慣づくり」がうまくいくようですね。

popy07

単純に「ほめてあげましょう」だけではなく、具体的なほめかた、学習にもなる遊びの提案など、初めてのお子さんにはもちろん私自身も、「もっと早く知っていたかった~」っていう内容でした。ここ、家庭学習を身につけるためにポピーを選択する大きなメリットだと思いました。

家庭学習のまるつけ担当は、お母さん担当のご家庭が多いでしょうか。お母さんから、時にはお父さんからの学習に対するプラスな声かけが家庭学習には必須ということなんですね。(つい言ってしまいがちな「勉強しなさーい!」はダメです…)

popy08

学習の総仕上げには、テスト形式のものもあります。

新一年生にとっては初めてのテスト体験ですね。下の子、はじめてのテストでは「緊張した~」と。学校での本番前におうちで体験できると、安心してテストにのぞめます。

popy12

1日1回授業進度に関係なく取り組めるドリルや、英語教材・読み物の冊子も付属します。

今まで読んであげていた絵本も、どんどん自分で読めるようになってきます!「お子さんから」読み聞かせをしてもらうのもいかがでしょうか。成長を感じられて楽しいですよ。

せいかつワーク

popy09

こんな教材もあったんだ~!とびっくりしたのが「せいかつワーク」という冊子です。(シール付き)

popy10

ゆでたまごについての記載があったり、

popy11

お風呂の中での遊び。タオルで空気を閉じ込めてしずめるとぷしゅーっとなる、という体験したことありますか。わが家でもよく遊んでいたのですが、この体験は3年生や4年生の理科で学びますよ~といった上の学年で学習する内容と、からめての記載もありました。

豊かな言語能力のために

popy13

豊かな言語能力発育のための冊子。

popy14

1年生では最初のつまづきになりやすい「お」と「を」の使い分けを、イラストと例文を多用してわかりやすくなっています。

この教材はそれぞれの学年に合った内容で編集されていて、日本語を正しく、相手に伝わりやすい力が身に付けるよう編集されています。

お楽しみ冊子

popy15

保護者向け冊子と子供向け冊子も付属します。中をのぞいてみると、

popy16

こんな感じ。保護者むけには、家庭学習・学校生活、健康、食育、親子のコミュニケーションなどについて、子供向け冊子には身近な発見や体験など、写真やまんがを使って楽しめながら読める内容です。

家庭サポートが手厚い

子育ての悩み相談や学び方教室など、会員向けのイベントが多数用意されています。

学校の授業が教科書のページ順に進まず、ポピーよりも先に進んでしまった時に申し込んで、対応する教材を送ってもらう「授業進度対応サービス」というものもありました。

 

入学前・夏休み前・冬休み前・春休み前など、比較的時間の余裕があるときから始めると、習慣付けがうまくいくような気がします。

2018年度新小学1年生キャンペーン中

小学ポピー新一年生4月号からご予約の方に、A~Cコースいずれかがもらえるキャンペーン中です。

選べるプレゼントAコース:わくわくDS1年生(NINTENDO DS用 学習ゲームソフト)
Bコース:ポピーおべんきょう目ざまし時計
Cコース:はじめてえのぐセット

公式サイトでプレゼント詳細を見てみる

Cコースの絵の具セット、今はこんなタイプを学校で使っているんですよ。

上の子用に購入したときは「学校購入品でこんなかわいいタイプなの~!?」ってびっくりしましたが(私たちの時代はケースにイラストなんてなかったですよね)、これがスタンダード。

学校で使える本格タイプです。

2018年5月16日(水)お申込み分まで。



2018年8月2日通信教育

Posted by かしらも