アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

猫カビになっちゃった!?自宅でできる対策法3つ

猫の病気・しつけ

「愛猫の皮膚の様子がいつもと違う!」と思ったら、獣医さんに判断を仰ぐのが一番です。

そうはわかっていても、何らかの理由ですぐに見せにいけないこともあるかと思います。

猫カビ完治経験者として、そんな時少しでも役に立てればと対処法をまとめました。
実行するかどうかは、あくまでも飼い主さんのご判断でお願い致します。

1.自宅でできる猫カビの治療法

エリザベスカラーをつける

かゆみが伴うにゃんこは、どんどん掻いてしまいます。
そうなると治りが悪くなってしまうし、後で紹介する治療薬の舐めとり防止の為にエリザベスカラーをつけましょう。

カラーを装着した当初は不慣れの為、いやそうにくねくね動いたり、どんどん後退していったり。

「かわいそう…」

と思っちゃいますが、ほとんどの子が数日で慣れて、付けたまま食事・お昼寝できるようになりますからね。
一刻も早く完治してもらうため!心を鬼にしてつけちゃいましょう。

柔らかくて軽いエリザベスカラーにしてあげると、負担は少ないようです。

塗り薬をつける

病院で行われる主な治療法は、外用薬を患部に塗る・飲み薬を使う・薬浴を行うというものです。感染猫の状態を見て、どの治療法にするか判断します。

塗り薬も、もちろん副作用があるはずですのであくまでも飼い主さん判断になるのですが、状態が初期の段階であれば試してみてもいいかもしれません。

わが家のにゃんこも、塗り薬で治しました。

やわらかめの軟膏だったのですが、患部がはげているとはいってもそのまま塗ってみると「これ、しっかり塗れているのかな?」という感覚。

より、塗り薬の成分を行きわたらせるために、患部付近の毛をペット用バリカンでカットしてもらってから塗りこんでいました。

塗った後の感覚としても、「これならしっかり塗れてる!」という感じだったのでおすすめです。

食事から免疫力を上げるサポートをする

猫カビ完治には、にゃんこ自身の免疫力も関与しています。

体はごはんからできているので、免疫力を上げるために良質なキャットフードに切り替えたり、ネコちゃん用サプリを、普段のごはんにプラスしてあげるのもおすすめです。

2.部屋を清潔にする

だって、カビ菌(真菌)がいっぱいだから。そして、人にも移るから…。

真菌症の猫ちゃんがいるということは、家の中の環境にもカビがいるということになります。
エアコンのフィルターやカーペット、座布団、クッション、寝床、掃除機のフィルターなど、猫ちゃんがいるところには、全てカビがいる可能性がありますので、環境に対する対策もしていきます。

ふじわら動物病院

効果的な掃除方法についてまとめました。

(関連記事/なかなか治らない時見直したい。猫カビ対策用掃除方法。

あなたがケージ飼いをしていない場合、にゃんこが行動する範囲全体の掃除が大事になってきます。


部屋のお掃除には「バリアント」をおすすめします。

原料は、化粧品に使用されるほどの安全性のあるもの(=手術器具の消毒や入れ歯洗浄剤など)で、除菌、消臭、洗浄効果、消臭、カビ除去、防カビの効果があるんです!こういう商品、なかなか街のドラッグストアでは見つけられません。いわゆる「業務用」ってやつです。

原液タイプなので、用途に合わせて稀釈濃度を変えて使用します。
猫カビ対策だけでなく、通常のお掃除にも使えます。

 

3.自分を清潔にする

家族に猫カビが移らないようにする為、治療中のにゃんこのお世話をしたり触れ合った後にはカビ(真菌)の増殖を抑える有効成分(=硝酸ミコナゾール)配合の殺菌石けんで洗うようにします。

わが家で治療中は、カビ対策用の石鹸があることを知らず家族に感染してしまいました…(涙)結局家族全員移ってしまったのですが、真っ先に感染した私と下の子は家族の中でも肌が弱い&にゃんこと触れ合う時間が長いチームでした。

猫カビが人に移ると「とにかくかゆい!」&「患部がどんどん広がる!」という状態になってしまいます。予防の為にも、しっかり洗浄しておくことをおすすめします。

まとめ

猫カビは一度かかってしまうと、完治までちょっと時間がかかります。
が、しっかり続けていけば必ず治るので根気強く対策していきましょう!

猫ちゃんの様子をしっかり観察して、悪化するようなら早めに病院へ連れて行ってあげてくださいね。

コメント