「液タブ欲しい」と言われたら!学生さんにおすすめXP-PEN Artist 12セカンド豪華版

「液タブ欲しい」と言われたら!学生さんにおすすめXP-PEN Artist 12セカンド豪華版
この記事は約14分で読めます。

中学生に液タブは早い?XP-PEN Artist 12セカンドがよさそうだけど実際は?

こんな疑問に答えます!

チェックポイント

XP-PEN Artist 12セカンド豪華版は、充実の機能とデジ絵デビューに必要な付属品付きで3万円台とコスパの良さが魅力。装着済みの保護フィルム・耐摩耗性・耐衝撃性に優れたデザイン、保証期間18ヶ月。お子さんの液タブデビューに安心です。

XP-PEN Artist 12セカンド豪華版を、本格デジ絵デビューに憧れていた中学生2年生の次女と一緒に試してみました。

お子さんに液タブをねだられたパパママさんへ、少しでも参考になると幸いです。

▼保証期間18か月

セール開催中につき、今なら29,750円(通常2,850円の折りたたみスタンド付き)です。プレゼント分を合わせると、普段より10,000円近くお得!

17周年記念セール開催中

それでは早速、まいりましょう!

※ブログ記事作成のため、商品提供いただきました。(提供/XP-PEN)

液タブと板タブの違い【初心者は液タブが使いやすい】

デジタルイラスト(デジ絵)とは、デジタル機器を使って描いた絵のこと。

イラスト作成にデジタルを取り入れると、

  • 間違えてもやり直しができる、描いたあとからバランスを変えられる
  • ツールでまっすぐな線やきれいな円を描ける、同じ形をコピーできる
  • 机周りが汚れない、画材の買い足しが不要

こんなことができるようになります。

「漫画家の約9割がデジタル制作」(2021年マンナビ調べ、調査対象723人)というデータもあるほどデジタルの魅力を感じている方は多いんですね。

パソコンにペンタブレットを繋いで描く方式が一般的で、ペンタブレットには2種類あります。

  • 「液タブ」(液晶タブレット)
  • 「板タブ」(板タブレット)

液タブと板タブの違いは?うちの子にはどっちがいい?

液タブと板タブの大きな違い
大きな違いは、手元を見ながら絵が描けるか否か
  • 液タブ:液晶画面に直接絵が描ける
  • 板タブ:パソコンの画面を見ながら絵を描く

パソコン画面を見ながら手元を動かさなければならない板タブは操作の慣れに時間がかかるアイテム。

デジ絵初心者さんには、アナログと同じ感覚で使える液タブが圧倒的に扱いやすいです。

ただし、液タブ最大のデメリットは値段が高いこと。

数年前までは8万円でも「安い液タブ」と称されていました。

現在でも国産液タブ大手WACOMのエントリー商品は液タブだけで4万円台です。価格の高さに驚かれたパパママも多いのでは?

今回紹介するXP-PEN Artist 12セカンド豪華版は、

Artist 12セカンド豪華版 液晶ペンタブレット 日本限定版のパッケージ
けーしんさんのイラスト付きでかわいいパッケージ
  • 液タブ・ペン、その他付属品付き
  • お絵かきに必要なペイントソフト付き
  • ボタン切り替えで板タブとしても使える
  • 一部対応Androidスマホでも使える

この内容で36,280円(税込・送料無料)です。液タブでは破格のコスパ!

▼保証期間18ヵ月

セール開催中につき、今なら29,750円(通常2,850円の折りたたみスタンド付き)です。プレゼント分を合わせると、普段より10,000円近くお得!

17周年記念セール開催中

18か月保証なので最低18か月使うと考えたらひと月1,500円程度のコスト。

とはいえ、「安かろう悪かろう」では困りますね。

Artist 12セカンド豪華版を開発販売するXP-PEN(エックスピーペン)は、2005年日本で立ち上げられ現在は中国「Hanvon Ugee」グループの子会社。

2022年には17周年を迎え、日本国内のペンタブレット市場ではワコムに次ぐ2位の企業です。

製品もしっかり作られていますよ。

Artist12セカンド豪華版レビュー

▼Artist12セカンド豪華版機能詳細
商品名Artist 12セカンド
豪華版液晶
ペンタブレット
(JPCD120FH)
サイズ(mm)346.2 x 209 x 12
作業エリア(mm)263.23 x 148.07
ショートカット
キー
8
画面解像度1920 x 1080
色域 (標準)90% NTSC,
127% sRGB,
94% Adobe RGB
フル
ラミネーション
あり
視野角178°
コントラスト
(標準)
1000:1
輝度220 cd/㎡
スタイラスペンX3 Elite Plus
筆圧レベル8192
傾き検知機能60°
解像度5080 LPI
読取高さ10 mm
精度±0.5 mm (中央)、
±1 mm (エッジ部)
搭載ポート1 x フル機能USB-C
1 x USB-C
電源入力DC 5V/2A
互換性Windows 7/8/10/11、
Mac OS X 10.10
(またはそれ以降)
Android
(USB3.1 DP1.2
→画像出力機能対応) 、
Chrome OS 88
(またはそれ以降)、Linux
認証CE/RoHS/WEEE/FCC /KC/PSE/
BIS/UKCA/EAC/RCM/NOM
ラインマーカー部は特にコスパの良さを示している部分

HUAWEI Mate 10Samsung Galaxy A90 5G
HUAWEI Mate 10 ProSamsung Galaxy Note8
HUAWEI Mate 20Samsung Galaxy Note9
HUAWEI Mate 20 ProSamsung Galaxy Note10
HUAWEI Mate 20 XSamsung Galaxy Note10+ 5G
HUAWEI Mate 30 ProSamsung Galaxy S8
HUAWEI Mate 40Samsung Galaxy S8+
HUAWEI Mate 40 proSamsung Galaxy S9
HUAWEI Mate 30E Pro 5GSamsung Galaxy S9+
HUAWEI P30Samsung Galaxy S10
HUAWEI P30 ProSamsung Galaxy S20
HUAWEI P40Samsung Galaxy S20+
HUAWEI P40 ProSamsung Galaxy S10 e
HUAWEI P40 Pro+Samsung Galaxy S20 Ultra 5G
Honor V20Samsung Galaxy S20 FE 5G
Honor 30 Pro+Samsung Galaxy S10+

上記に記載がなくとも「映像出力可能か」「USB3.1」「displayport1.2」
以上3つを満たしていれば使える可能性大。詳しくは【XP-PEN】公式ストアにご確認ください

板タブや液タブでない一般的なタブレットに、無料イラストソフト「アイビスペイント」を入れデジ絵を楽しんでいた中学生の次女。

一般的なタブレットでのデジ絵作成には限界を感じていました
  • ペンの太さを変えるのが面倒
  • 実際のペン先と描けるラインにずれがある
  • ペンの反応がイマイチ…

などなど、タブレットでのお絵描きには限界を感じており「液タブ」にとても興味を持っていました。

そんな次女と一緒に使ってみて特に感激した部分をお伝えします!

付属品多数

Artist 12セカンド豪華版 液晶ペンタブレット 日本限定版のセット内容
液タブを除く付属品は全部で12点!

Artist 12セカンド豪華版は、液タブの大きさ別に4種類ある「Artist セカンドシリーズ」のひとつ。

特選アクセサリーが豊富な日本限定のセットです。

  1. Artistセカンド液晶タブレット
  2. デジタル消しゴム機能付きX3 Elite Plusデジタルペン 限定
  3. 3in1USBケーブル
  4. 延長コード
  5. 2本指グローブ
  6. 10本替え芯
  7. 替え芯抜き
  8. クイックガイド
  9. 専用Type-Cケーブル 限定
  10. ペーパーライク保護フィルム 限定
  11. ペンケース 限定
  12. クリーニングクロス 限定
  13. フィルム貼りツールバッグ 限定
Artist 13 セカンドは2022年8月に発売されたばかり
▼Artistセカンドシリーズ相違点
Artist 10
セカンド
Artist 12
セカンド
豪華版
Artist 13
セカンド
Artist 16
セカンド
価格
セール価格
29,300円
→26,0円
36,280円
→29,750円
42,790円
→36,300円
55,600円
→47,260円
サイズ
(mm)
299 x 173.3 x 12.9346.2 x 209 x 12378 x 225 x 11.99434 x 255.8 x 12.89
作業エリア
(mm)
224.49 x 126.7263.23 x 148.07293.76 x 165.24340.99 x 191.81
ショートカット
キー
68910
色域 (標準)85% NTSC,
120% sRGB,
88% Adobe RGB
90% NTSC,
127% sRGB,
94% Adobe RGB
92% NTSC,
130% sRGB,
96% Adobe RGB
90% NTSC,
127% sRGB,
94% Adobe RGB
スタイラスペン
デジタル
消しゴム
なしありなしなし
キャンペーン
特典
ACJ09保護ケースACJ02保護ケースイラストマーカー36色
替え芯セット
トートバッグ
替え芯セット
デスクマット
キャンペーン価格は記事執筆時のもの

限定 がついているアイテムは豪華版ならではの付属品で、他サイズには付きません。

どこまで揃えればいいか迷うパパママにぴったり!

17周年記念セール開催中

▼モニターとしても活用できます
switchの画像を大画面で!

まずはメインの液タブから紹介します。

保護フィルム装着済み

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドは、出荷時より保護フィルムが貼られています
はがすのは一番上のフィルムだけ

嬉しかったのはあらかじめ液晶に傷保護フィルムが貼られていたこと。

スマホなどで経験ある方も多いと思いますが、傷保護フィルムの貼り付けって地味に手間ですよね。

xp-penartist 12セカンド豪華版の液晶画面は傷保護フィルムが貼られていてアンチグレア加工済。さらさらして反射しません。
平日帰宅後のお絵描きにもぴったり

反射防止加工もされていて、ツルツルしすぎずさらっとした描き心地です。

わが家では描き心地が気に入りこのまま使っていますが、もしも描きづらいと感じたら、

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンド豪華版には、ペーパーライク保護フィルムも付属します
貼り付け後は透明になります

セットに同封されている「ペーパーライク保護フィルム」(1枚)を試してみて。

その名の通り、まるで本物の紙に描いているようなざらざらした質感を味わえるフィルムです。

もともとの保護フィルムははがせないので、ペーパーライク保護フィルムはその上から貼り付けます。フィルム貼りツールバッグもセットされていて、スムーズな貼り付けが可能です。

フルラミネート加工で視差なし

保護フィルムの下は「フルラミネート加工」済み。

デジタルペンのペン先と描いた線がズレる(視差)をなくすため「フルラミネート加工」がほどこされています。

以前次女が悩んでいたのはまさに「視差」と呼ばれる現象でした。少しの違和感が絵を描き続けるごとに蓄積されてイライラ…。

X3 Elite Plus デジタルペンは、まるで紙にペンで描いているようにすらすら!充電不要でとっても軽くすーっと線が進みます。

比較するのも酷ですが…100均のスタイラスペンとは全然違う!

ほぼ視差なし!

X3 Elite Plus デジタルペンにはX3チップが内蔵されているので、

  • ペンの入力をデジタルデータに変換
  • データを受け取ったモニターがすぐに反応

ロスなくスムーズな描き心地を生み出してくれます(^^)/

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンド豪華版に付属するX3 Elite Plus デジタルペンにはお尻側にデジタル消しゴム付き
アナログっぽい使い心地がとっても便利!

お尻側に付いている「デジタル消しゴム」も、感覚的に使えてとっても便利でした。

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンド豪華版に付属するX3 Elite Plus デジタルペン

ペン本体には機能割り当てができるボタンが2個あり、出荷時には「右クリック」と「ペン消しゴム」が設定されています。

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンド豪華版に付属するX3 Elite Plus デジタルペンにはカスタム可能なボタンがついています

お絵描き中「ペン消しゴム」割り当てボタンに意図せず触れてしまうことが何回かあり、

あれ?急に線が描けなくなっちゃった!

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンド豪華版に付属するX3 Elite Plus デジタルペンのボタン機能をカスタマイズ
あえて機能を割り当てないことも可

ボタンでの消しゴム機能を解除。より効率アップできるよう、マウスの機能を割り当てました。

  • ペン先側「右クリック」→「左クリック」
  • お尻側「ペン消しゴム」→「右クリック」

液タブに付いている物理ショートカットキーも作業を楽にしてくれます。

便利な物理ショートカットキー

Artist 12セカンドにはショートカットキーが8個あります。

出荷時に設定されている機能は、ボタン上から順に、

  • ブラシに切り替え
  • 消しゴムに切り替え
  • スポイト
  • 画面移動
  • 保存
  • ひとつ前に戻る
  • 拡大
  • 縮小

となっています。

割り当て変更も可

初めて体験する次女は、しきりに「便利だね!」と感動していました(^^)/

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドのショートカットキー

充電不要のX3 Elite Plus デジタルペンと8個のショートカットキーで、お絵描きに集中できますよ。

ちょうどいい大きさ

Artistセカンドシリーズはサイズ別に4種類あります。

値段の近いArtist10セカンドとArtist12セカンドで迷われる方もいらっしゃるでしょうか。

パソコンにつないでお絵描きするならArtist12セカンドがおすすめ

というのは、液タブの画面はパソコン側の設定で

  • パソコン画面と同じ画面(複製)
  • パソコン画面と別の画面(拡張)

いずれかに切り替えることができます。

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドの画面が拡張され2画面になった様子
「拡張」にして2画面に

パソコンにお手本画像を表示させてまねっこして描くには大きい画面の方が作業しやすいです(^^)/

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドの画面を拡張にして2画面にする方法

設定方法 Windowsの場合→Windowsボタン→設定→システム→ディスプレイ→マルチディスプレイ「表示画面を拡張する」を選択→ディスプレイの設定を維持する

お絵描き以外にもこんな使い方もできますよ。

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドの画面をモニターとして使うこともできます
  • パソコンの2画面として
  • オンライン会議の資料に手書きでメモ
  • ニンテンドーSwitch画面を映し出す
xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドの画面にニンテンドーswitchの画面を映し出すこともできます

ニンテンドーSwitchをArtist12セカンドの画面に映し出すこともできます。ただし、スピーカーは内蔵していないので、Switch本体にイヤホンを差し込むかBluetoothオーディオにつなぎましょう。

XP-PENのサポートデスク連絡先

疑問点はサポートへ日本語で問い合わせもできます。

Artist 12セカンド豪華版の初期設定

Artist 12セカンドはパソコンからのデータを映し出す「画面」なので、専用ドライバーをパソコンにダウンロードする必要があります。

1.パソコンに接続

まずは、XP-PEN Artist 12セカンド豪華版をパソコンか対応のAndroidスマホに接続しましょう。

引用:公式サイト

パソコンにTypeCポートがある方は、TypeCケーブルでつなぐだけでOK。

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドの各種ポート

わが家のノートパソコンにはTypeCポートがないので、3-in-oneケーブルで接続しました。

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドの接続方法
接続にはHDMIかUSB-C接続対応のコネクタが必要

HDMIケーブルとUSBケーブル(黒)をパソコンに差し込んで

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドの電源接続方法

赤いUSBは付属の延長コードに繋げ、家にあった変換アダプタ―につけてコンセントへ。

2.PCにドライバーをダウンロード

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドのドライバーダウンロード画面

xp-pen公式サイトのArtist 12 セカンド該当ページより、お使いのOSに合ったソフトウェア&ドライバーをダウンロードします。

指示に従い進めていけばOK。特に難しいことはありませんでした。

3.PCにイラストソフトをダウンロード

Artist12セカンド購入でイラストソフト(openCanvas7もしくはArtrage 6)がもらえます。

購入特典ダウンロードページhttps://www.xp-pen.jp/verify/index(xp-pen公式サイト)

xp-penの液晶タブレットartist 12セカンドの操作性
openCanvas7

わが家はopenCanvas7を選びました。

直観的に描ける液タブでもイラストソフト操作の慣れは必要です。

が、アイビスペイントですでにデジ絵デビューしていた娘は「〇〇はどうやってやるんだろう?」と、やりたいことから機能を探す手順でどんどん慣れていきました。

操作方法はopenCanvas7の公式サイトはもちろん、動画で解説してくれている方も多いですよ。

中学生でも十分扱えます!

仕事でフォトショップを使っている夫も「ほとんどフォトショと似たようなことができるんだね」とびっくりしていました。

まとめ:XP-PEN Artist 12セカンド豪華版でデジ絵デビューを応援しよう!

お子さんから「液タブが欲しい!」と言われても、値段の高さに「本当に使いこなせるのか」「情熱が続くのか」…親として考えてしまいますよね。

とは言えお子さんの「好き」「やってみたい」という気持ちが芽生えたのは事実。そこから何に影響するかチャレンジしてみないとわかりません。

XP-PEN Artist 12セカンド豪華版を実際に使ってみて、性能の良さにびっくりしました。初心者さん向けに準備されていているから、不安なく楽しくお絵描きができます。

ただし、液タブ用のスタンドは付きません。長時間お絵描きを続けるなら傾きがあった方が描きやすかったです。

2022年9月19日追記:現在開催中のキャンペーンでは無料で液タブ用のスタンドが付きます!

▼このスタンドがおすすめ。液タブを使わないときは下の台に収納できます。

少しでも「買ってあげようかな」と感じたら「全額キャッシュバック」の可能性もあるキャンペーン開催中の今がチャンス!普段の価格よりさらに1万円近く安くなっていますよ。

左利きの方もドライバーから左利き設定後、液タブを逆さまにすれば問題なく使えます(^^)/

意外とパパママの方がデジ絵にはまるかも!?

▼保証期間18か月

セール開催中につき、今なら29,750円(通常2,850円の折りたたみスタンド付き)です。プレゼント分を合わせると、普段より10,000円近くお得!

17周年記念セール開催中

以上、「液タブ欲しい」と言われたら!学生さんにおすすめXP-PEN Artist 12セカンド豪華版…でした。

タイトルとURLをコピーしました