【PrimePets】ペット用品10%オフ!Amazon無料体験 ≫

小学生に用意してあげたいレインコートは、セパレートタイプ!【理由を合わせて紹介します】

この記事は約9分で読めます。
  • そもそも小学生ってレインコートは着るのかな?
  • 他の子はどんなタイプを着ているの?
  • おすすめのレインコートは?

(新一年生ママの疑問)

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている私は、中学3年生と小学5年生(女子)のママ。

  • 自分の子どもたちの経験
  • お友達ママさんの声
  • 近所の子どもたちの様子

をベースに、地域性の差を考慮してネットでの情報もチェックしてみました。

おすすめアイテムとその理由を紹介していますので、是非参考になさってください!

スポンサーリンク

1年生にレインコートはいるのか?【いります】

  • 普段の通学時【不要】:よっぽどの大雨でない限りレインコート派は少数
  • 遠足等のイベント時【必要】:学校側から「用意するように」との通達があり、皆持参

小学生事情はこんな風になっています。

実は…普段の雨の日はレインコートを着ないことが多い

「小学生になったとたん、長靴やレインコートを着てくれなくなった。」

先輩ママさん(特に男の子ママ)から、こんな話を聞いたことがあったかもしれませんね。これ、あながちウソじゃないです。

子どもが主張する、レインコートを着たがらない理由は以下のとおり。

  1. ムレて熱いから
  2. そもそも着脱が面倒だから
  3. 他の子たちも着ていないから
  4. 学校でかけておく場所がないから(かけておく場所があるところは少数派)

学校に【レインコートをかけておく場所がない】知った時は、結構びっくりしました。

幼稚園時代は水筒かけなんかもあったので、その流れで「レインコートを干しておく場所くらい、小学校にもあるんだろうなぁ。」なんて、ぼんやり思ってたんですね(苦笑)。

実際には、レインコートかけが「ない」小学校が大多数。

となると、朝着てきたレインコートは昇降口で脱ぎ、手持ちのビニール袋に入れて教室へ持っていく。という流れになります。

これが、新一年生にはハードルが高い。

付属のちっちゃめな袋にしまおうとするとキレイにたたまないと入らないから、結果自分がびしょぬれに…。なんてこともあり、「レインコートはいらん!」という流れになるんですよね。

うちの子たちも小学生になってからは、よ~っぽどの大雨でない限り着用しません。(風が強い+雨の時は傘をさしていると風にあおられて危険。レインコートが活躍します!)

クラスの様子を聞いてみると、レインコートを着てくるお子さんの方が少数派、とのこと。

それでも、遠足や宿泊体験には雨具が必要!

じゃあ、そもそも小学生にレインコートは必要ない?

と思うのは早合点!小学生がレインコートをあんまり着ないのは「通常の登校時は」という限定付きの話

学校の遠足や校外学習、宿泊体験(=移動教室・野外活動)などのイベントには、レインコートが必要になるんです!

56f7fa7e203492f8a2fecc0188196247_s

実際にわが家の場合、娘の遠足に向けて

「雨具は晴天が予想される場合は『折り畳み傘』、雨天が予想される場合は『レインコート』を持たせてください」

というお手紙が配布されました。

校外学習などのイベント時にレインコートが推奨される理由

  • 両手が開く
  • 大人数で列をなして歩くとき邪魔にならない

ということのようです。なるほど、納得。

普段は着る機会が少ないけれど、どうせ必要になるもの。それなら【使えるレインコート】を選んだ方がお得です。

1年生用レインコートは【上下に分かれるセパレートタイプ】がおすすめ

新一年生にレインコートを用意してあげるなら、上下に分かれるセパレートタイプがおすすめです。

  • 【上下セットで】夏の台風、大雨のときに
  • 【上下セットで】雪の降らない地域での、年に数回降る臨時の雪対策用として
  • 【上だけでも】習い事/放課後お友達と遊ぶ、行きかえりの自転車利用時に

というように、使える幅が広いからです。

3,4年生以降の「宿泊体験」(「林間学校」と呼ばれる地域もあるかな?)に必要なものとして「上下分かれているタイプの雨具」と具体的に学校側から指定されました。

山登りも含む現地での体験には急な天候変化も予想されるので、動きやすいセパレートタイプがいいとのこと。

レインコート選びわが家の失敗:後からレインパンツ単体を購入しました

当時上の子用に準備していたのは、いわゆる「ランドセルまで覆えるタイプ」のレインコート。

それ、入学時に知っておきたかった…。

私のように、お知らせを聞いてからあわててレインズボンを買い足すパターンが多いようです。ちなみに【レインパンツ】のみ扱っているお店は圧倒的に少なく、あせりました…。


【メール便送料無料(1セットのみ)】アウトドア OUTDOOR 雨合羽 ODP キッズレインパンツ 05002181 全3色 キッズ用 レインコート 男の子 女の子 雨具 小学生 通学

楽天で人気の小学生向けセパレートタイプレインコート

レインコートは少し大きめでも調節すれば着れるもの。どうせ用意するなら、使える幅が広いセパレートタイプがおすすめです。

※口コミ数、評価は2019年4月11日現在のものです。

アウトドアキッズレインコートセット・口コミ数631件、★4.44(5点満点)

デイパックで有名な「アウトドアプロダクツ」のレインコートセット。

  • デュポン社のテフロン加工された撥水生地
  • 袖口、フードにゴムあり
  • 肩、ひざ裏に反射テープ
  • パンツ裾はボタンで幅調節可能
  • ポケット、収納袋付き

価格 3,435円(+税) カラー 3色展開
サイズ 130/140/150 送料無料

カナディアンイーストキッズレインウェア上下セット・口コミ数99件、★4.48(5点満点)

軽くて動きやすい本格機能×おとなデザインのレインコートセット。

  • 防水、透湿の高いTORAYの高機能素材ブリザテック生地
  • 袖口マジックテープ調節
  • 背面に反射板テープあり
  • 収納可能なフード
  • 裾、ウエスト調節ドローコード付き

価格 8,532円(税込) カラー 4色展開
サイズ 130/140/150 送料無料

Boo&Popoのキッズ&ジュニア用レインコート・口コミ数34件、★4.29(5点満点)

「いかにもレインコート」ではないレインコート上下セット。

  • レインコート独特のパリパリ音がしにくい撥水加工生地
  • 背面に反射板テープあり
  • ズボン裾、マジックテープで調節可能
  • 総ゴムパンツでゴムの取り換え可能
  • 収納袋付き

価格 3,900円(+税) カラー 4色展開
サイズ 130/140/150/160 送料無料

Amazonで人気の小学生向けセパレートタイプレインコート

ウィンターチェリー子供用レインスーツ・口コミ数7件、★4.7(5点満点)

大人用と同等のディテールで作り上げた子供用本格レインスーツ。

  • 軽量素材+透湿素材使用の”軽くて蒸れにくい”レインスーツ
  • 子供でも収納しやすい様に収納袋は巾着タイプ
  • 胸と背中に反射材使用
  • 袖口マジックテープ+パンツ裾スナップボタンでサイズ調節可能

価格 3,990円~4,903円 カラー 3色展開 サイズ 130/140/150

リッチェ子供用 レインスーツ上下セット・口コミ数34件、★3.3(5点満点)

フード前面が透明ツバなので見やすいレインコート。自転車のとき大事!

  • 胸元と背中に反射材あり
  • 袖口とウエスト部分はゴム仕様
  • パーカーとパンツ共に裏地付き
  • 同色収納ポーチ付き

価格 3,580円 カラー 4色展開 サイズ S/M/L

ミズノ ベルグテックEX ジュニア レインスーツ ・口コミ数3件、★3.7(5点満点)

日本の雨を知り尽くしたミズノ独自の防水透湿素材「ベルグテックEX」採用のレインコート。

  • 100回洗濯しても水を弾き続ける耐久撥水性
  • 両袖に安全性を高める反射テープ付き
  • 収納袋付き。便利なフード内収納機能付き

価格 5,758円~8,750円 カラー 3色展開 サイズ 130/140/150

1年生の通学用に準備するなら、ランドセル用レインコートよりポンチョタイプ【着脱が楽】

ぴかぴかのランドセル、やっぱり濡らしたくないなぁ。

ランドセルごと覆えるタイプのレインコートについての口コミを覗いてみると

  • ランドセルごと着れるレインコートは、背中側でサイズ調整する仕組みで、新一年生には着脱が難しいという意見が多い。
  • 着脱部分の固定がスナップボタンタイプだと、はめること自体に手間取ったり、スナップボタン自体が壊れたり、生地が切れてしまったりとトラブルが多い印象。

実は新一年生にとって不便、と言う意見が多いんです…。

ランドセルも濡らしたくないなら、頭からかぶって、ちょこっとファスナーで閉めるだけで着脱可能な【ポンチョタイプ】がおすすめです。

\身長120cm程度→ランドセル上から羽織るなら140を選ぶと余裕があっていいそう/

付属の袋は小さめなので、スーパーの袋など他の袋を利用されている方が多いです。

【レインコートサイズ選びのヒント】小学生学年別平均身長

以下は、平成30年3月発表の小学生平均身長より抜粋したもの。
宿泊体験が行われる4年生ごろには、男女ともに134cm程になりそうですね。

平均身長男子女子
6歳(小学校1年生)116.5115.7
7歳(小学校2年生)122.5121.5
8歳(小学校3年生)128.2127.3
9歳(小学校4年生)133.5133.4

参照:学校保健統計調査報告書

1年生に用意したいレインコートまとめ

通常レベルの雨では、

  • 替えの靴下
  • しずく拭き用タオル
  • 濡れたものを入れるビニール袋

こんなスタイルで登校する生徒さんが多いです。

雨の日は防水スニーカー を履かせている、というママさんも。その手があったか!

男の子は「面倒だから」「拭けば大丈夫だから」というなぞの理由で、持っていても「傘をささない」子が多い!(傘は『もっぱら水たまりの深さをはかる道具になる』(ママ友談))

ランドセルを拭く・靴下を履き替えるなど濡れてしまったあとのケア方法をマスターさせたほうがいいです。

ランドセルまでカバーできるタイプのレインコートを着てほしいなら、レインポンチョを。
お子さん自身で着脱できるか、脱いだ後の処理はできるか見極めてから。

上下に分かれるタイプのレインコート(レインスーツ)を持っていれば、学校での遠足・雨の日の習い事へ自転車で向かう時・高学年の宿泊体験で、臨時の雪対策に…と活用できる機会が多いのでおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました