【期間限定】レジカゴリュックがMAX1,650円OFF! ≫

小学1年生に用意してあげたいレインコートは、セパレートタイプ!【理由を合わせて紹介します】

この記事は約10分で読めます。
  • そもそも小学生はレインコートを着る?
  • 他の子はどんなタイプを着ているの?
  • おすすめのレインコートは?

(新一年生ママの疑問)

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている私は、中学3年生と小学5年生(女子)のママ。

  • 自分の子どもたちの経験
  • お友達ママさんの声
  • 近所の子どもたちの様子

をベースに、地域性の差を考慮してネットでの情報もチェックしてみました。

おすすめアイテムとその理由を紹介していますので、是非参考になさってください!

スポンサーリンク

1年生にレインコートはいる?【いります】

結論、小学生でもレインコートは必要です。

遠足や社会科見学などのイベント時に、学校側から「用意するように」との通達があり、皆持参するからです。

登校時はレインコートを着ないことが多い

「小学生になったとたん、長靴やレインコートを着てくれなくなった。」

先輩ママさん(特に男の子ママ)から、こんな話を聞いたことがあったかもしれませんね。これ、あながちウソじゃないです。

小学生がレインコートを着たがらない理由
  • ムレて暑いから
  • 着脱が面倒だから
  • 学校でかけておく場所がないから(専用の場所があるのは少数)
  • 他のお友達も着ていないから

学校に【レインコートをかけておく場所がない】と知った時は、結構びっくりしました。

幼稚園には水筒かけなどがあったので「レインコートを干しておく場所くらいあるでしょ。」なんて思ってたんですね。

ところが、レインコートかけが「ない」小学校が大多数。

となると、朝着てきたレインコートは昇降口で脱ぎ、手持ちのビニール袋に入れて教室へ持っていく。という流れになります。

新一年生にはハードルが高い。

傘派の子がどんどん教室へ移動する中、袋に入れるのにもたついたり、手が濡れたり…となると「レインコートはいらん!」となるんですよね。

うちの子たちも、よ~っぽどの大雨でない限り着用しません。(風が強い+雨の時は傘をさしていると風にあおられて危険。レインコートが活躍します!)

それでも、遠足や宿泊体験にはレインコートが必要!

とは言え、レインコートを着ないのは「登校時」に限ってのこと。

学校の遠足や校外学習、宿泊体験(=移動教室・野外活動)などのイベントには、レインコートが必要になるんです。

普段は着る機会が少ないけれど、どうせ必要になるもの。それなら【使えるレインコート】を選んだ方がお得です。

1年生用レインコートは【上下に分かれるセパレートタイプ】がおすすめ

イベント時は雨具必須

新一年生にレインコートを用意してあげるなら、上下に分かれるセパレートタイプがおすすめです。

  • 台風・大雨のときに
  • 雪の降らない地域での、年に数回降る雪対策として
  • 習い事・放課後お友達と遊ぶ、自転車利用時に備えて

こんな場面で、レインパンツが活躍するからです。

実際に娘の遠足に向けて学校側から

「上下に分かれているタイプの雨具が好ましい」

という内容のお手紙が配布されました。

イベント時レインコート推奨の理由
  • 両手があき動きやすい
  • 大人数で歩いても邪魔にならない
  • 使わない時コンパクトにしまえる

ということのようです。なるほど、納得。

それ、入学時に知っておきたかった…。

当時準備していたのは、いわゆる「ランドセルまで覆えるタイプ」のレインコート。

あわてて買い足しましたが、レインパンツのみ扱っているお店は少なく焦りました…。

ここからは、楽天やAmazonで人気のセパレートタイプレインコートを紹介します。

楽天で人気の小学生向けセパレートタイプレインコート

口コミ数、評価は2022年2月11日現在のものです。

ランドセル対応・丈長めでトップスだけでも使いやすい

★4.59(5点満点)口コミ数56件

サイズ:130・140・150
生地はっ水加工
シームテープ加工記載なし
対水圧記載なし
透湿度記載なし
背面
ベンチレーション
記載なし
ゴム入り
ギャザー仕様
パンツ裾ボタン付き
フードゴム入り
ギャザー仕様
ポケットあり
収納袋あり
カラーネイビー・レッド・カーキ

大きめサイズを選んでも、裾も袖も絞れるのがうれしい。思ったよりも生地が薄め(でも許容範囲)・付属の袋が小さ目なので、100均の袋を活用したという口コミが見られました。

フード紐なしゴムタイプ・パンツカラーの組み合わせが選べる

★4.21(5点満点)口コミ数47件

サイズ:130・140・150・160
生地はっ水加工
シームテープ加工記載なし
対水圧記載なし
透湿度記載なし
背面
ベンチレーション
あり
ゴム入り
ギャザー仕様
パンツ裾面テープ付き
フードゴム入り
ギャザー仕様
ポケットあり
収納袋あり
カラーピンク・ブラック・ブルー

レインコートのカラーに好感を示す口コミが多く見られました。他のお子さんとかぶらず、記念写真でも見つけやすいというメリットも。

フードは着脱可能・大人同等機能で安心

★3.86(5点満点)口コミ数14件

サイズ:120・130・140・155
生地防水透湿生地
シームテープ加工記載なし
対水圧記載なし
透湿度記載なし
背面
ベンチレーション
あり
面テープ付き
パンツ裾面テープ付き
フード面テープで
サイズ調整可能
取り外し可能
ポケットファスナー付き
収納袋なし
カラーブルー×ネイビー
ピンク×ネイビー
パープル×ネイビー
マルチ×ネイビー

お値段はしますが、品質・作りはしっかり。寒い季節のウィンドブレーカーとしても活用できます。

Amazonで人気の小学生向けセパレートタイプレインコート

リプナー製ジュニアレインコートセット

★3.9(5点満点)口コミ数40

「リプナー(LIPNER)」は、キャンプやBBQ用品を製造販売する「ロゴス(LOGOS)」の姉妹ブランドです。

サイズ:130・140・150
生地撥水
メッシュ裏地
シームテープ加工記載なし
対水圧5,000
(中雨程度)
透湿度2,000
(安静時)
背面
ベンチレーション
独自のベンチレーション
システム
ゴム・面テープで
調節OK
パンツ裾面テープで調節OK
フードコードあり
未使用時襟に収納可
ポケットあり
収納袋記名部あり
カラーブルー・マンゴーイエロー

総裏メッシュ仕様・フロントファスナー部は三重防水構造と、アウトドアブランドらしいしっかりとした作り。

老舗レインウエアメーカー製

老舗レインウエアメーカー製で、欲しい機能が詰まったキッズ用レインコートです。

サイズ:130・140・150
生地耐久・防水・ソフト・軽量
を兼ね備えた防水素材
シームテープ加工記載なし
対水圧10,000
(大雨OK)
透湿度記載なし
背面
ベンチレーション
あり
ゴム・面テープで
調節OK
パンツ裾ボタンあり
フード絞り・ベルクロで調整OK
襟高
ポケットあり
収納袋あり
カラーイエロー・ブルー

軽くて柔らかながら防水してくれるこだわりの素材が魅力。フードのサイズ調整ができるのも、成長段階のお子さんには嬉しい機能です。

ロゴス子供用レインコートセット

アウトドアメーカーが作った、成長の早さに対応するパンツ丈調節機能が魅力!

サイズ:110・130・150
生地軽量素材
撥水
シームテープ加工記載なし
対水圧10,000
(大雨OK)
透湿度2,000
(軽い運動)
背面
ベンチレーション
胸元ベンチレーションで
リュックを
背負っても通気性確保
平ゴム+綿テープ
調節OK
パンツ裾ヘムアジャスター
調節OK
フードあり
ポケットあり
収納袋なし
カラーブルー、ピンク

前面ベンチレーション(風通し)が、他では見ない特徴です。着心地にこだわりのあるお子さんに。

1年生の通学用に準備するなら、ランドセル用レインコートよりポンチョタイプ【着脱が楽】

ぴかぴかのランドセル、やっぱり濡らしたくないなぁ。

ランドセルごと覆えるタイプのレインコートについての口コミを覗いてみると

  • ランドセルごと着れるレインコートは、背中側でサイズ調整する仕組みで、新一年生には着脱が難しいという意見が多い。
  • 着脱部分の固定がスナップボタンタイプだと、はめること自体に手間取ったり、スナップボタン自体が壊れたり、生地が切れてしまったりとトラブルが多い印象。

実は新一年生にとって不便、と言う意見が多いんです…。

ランドセルも濡らしたくないなら、頭からかぶって、ちょこっとファスナーで閉めるだけで着脱可能な【ポンチョタイプ】がおすすめです。

\身長120cm程度→ランドセル上から羽織るなら140を選ぶと余裕があっていいそう/

付属の袋は小さめなので、スーパーの袋など他の袋を利用されている方が多いです。

【レインコートサイズ選びのヒント】小学生学年別平均身長

以下は、令和3年7月文部科学省発表の小学生平均身長より抜粋したものです。

平均身長男子女子
6歳(小学校1年生)117.5116.7
7歳(小学校2年生)123.5122.6
8歳(小学校3年生)129.1128.5
9歳(小学校4年生)134.5134.8
参考:令和2年度学校保健統計調査

宿泊体験が行われる4年生ごろには、男女ともに135cm程になりそうですね。

洋服のサイズ目安で見てみると、以下のようになっています。

身長洋服サイズ
125cmまで120サイズ
135cmまで130サイズ
145cmまで140サイズ
155cmまで150サイズ
参考:サイズ表(ベビー服・乳幼児・子供服)

ただし、レインコートは洋服の上から着ますから、少し大きめがよさそうですね。

1年生に用意したいレインコートまとめ

通常レベルの雨では、

  • 替えの靴下
  • しずく拭き用タオル
  • 濡れたものを入れるビニール袋

こんなスタイルで登校する生徒さんが多いです。

雨の日は防水スニーカー を履かせている、というママさんも。その手があったか!

男の子は「面倒だから」「拭けば大丈夫だから」というなぞの理由で、持っていても「傘をささない」子が多い!(傘は『もっぱら水たまりの深さをはかる道具になる』(ママ友談))

ランドセルを拭く・靴下を履き替えるなど濡れてしまったあとのケア方法をマスターさせたほうがいいです。

ランドセルまでカバーできるタイプのレインコートを着てほしいなら、レインポンチョを。
お子さん自身で着脱できるか、脱いだ後の処理はできるか見極めてから。

上下に分かれるタイプのレインコート(レインスーツ)を持っていれば、学校での遠足・雨の日の習い事へ自転車で向かう時・高学年の宿泊体験で、臨時の雪対策に…と活用できる機会が多いのでおすすめです。

以上、小学生に用意してあげたいレインコートは、セパレートタイプ!【理由を合わせて紹介します】…でした。

タイトルとURLをコピーしました