【PrimePets】ペット用品10%オフ!Amazon無料体験 ≫

猫の口腔ケアサプリは何がいい?にゃんこの歯周病・口臭ケアサプリランキング

この記事は約6分で読めます。

にゃんこの歯磨きしていますか?

歯磨きは大事とわかっていても、なかなか慣れないもの…。わが家にゃんこも子猫時代から慣らせておけばよかった~。と、心底思っております。

そんな飼い主さんの心強い味方口腔ケアサプリ。なかなかしっかり歯磨きをできなくても、善玉菌の力で健康を維持してくれます。頼れる口腔ケアサプリ3種を比較しました。

猫用口腔ケアサプリの選び方 3つのポイント

  1. 口腔善玉菌K12が配合されている
  2. 粉状で量の調整がしやすい
  3. 無味無臭で与えやすい

猫の歯周病・口臭ケアをしたい人向けサプリおすすめランキング

ラブリービー

・K12・デキストリン・フルクトオリゴ糖配合
・1つで【口腔ケア+腸ケア】が可能
・無味無香料
・湿気に強い1回分ずつの個別包装
・60日返金保証付き

プロバイオデンタルペット

・K12、M18を配合した【口腔専門】サプリ
・粒タイプと粉タイプがあり
・粒タイプ(バニラ風味)、粉タイプ(無味)

デンタルバイオ

・K12、ラクトフェリン、イソマルオリゴ糖配合
・粒タイプ、チキン味
・10粒×10シート

口腔善玉菌K12配合のサプリ

紹介するサプリ3点は、全て口腔善玉菌K12が配合されているものです。

口腔善玉菌K12とは
歯磨きをしなくても虫歯にならない人(2%:ハーバード大学調べ)だけが持っている「特殊な口腔善玉菌」のこと。K12はBLISと呼ばれる抗微生物タンパク質を作りだして、口腔内の悪玉菌(悪臭や歯周病の原因菌)に対して攻撃的に働くことが研究でわかっています。

悪臭や歯周病の原因菌に対して、抗生剤などの【殺菌】※という方法で排除するのではなく【善玉菌優位】の環境に整えることで健康を維持する。体にやさしいケア方法です。

※殺菌ケアのリスク

  • 殺菌剤の効かない耐性菌を作ってしまう可能性
  • 健康にも役立っている常在菌も一緒に無くしてしまう
K12が含まれる口腔ケアサプリを使うメリット

実感が早い
歯磨きでは届かない場所にも働く
歯周病を進行させない・小康状態にする

猫の歯周病・口臭ケアをしたい人向けおすすめランキングでラブリービーが1位の理由

猫の口腔ケアサプリのラブリービーは1つで口腔ケアと腸ケアができるサプリ

ラブリービーには口腔ケアに活躍する善玉菌と、腸ケアに活躍する成分が配合されているので、1つで猫の代表的な疾病をケアすることができ、他のサプリを買い足す必要がありません。

腸が整っていないことでなりやすい猫の病気

  1. 便秘:2日以上排便がなく、異常に力む場合は心配。病院へ。
  2. 巨大結腸症:5~8歳に多い、重症になると全身麻酔での処置が必要。
  3. 炎症性腸疾患:5~8歳に多い、腸管内の表面が炎症を起こす。嘔吐・下痢・食欲不振・痩せてくる。
  4. 消化器型リンパ腫:8歳以上に多い、腸内や腸の膜の間にあるリンパ節に悪性腫瘍ができる。

出典:「ねこのきもち」2016年10月号『猫にも”腸”ブーム!? 元気につながるから超スゴイ腸を、整えよう!』

いずれも重症化するまで気づきにくい病気なので、日頃の注意・ケアが大事です。

猫の口腔ケアサプリのラブリービーは粉末状で扱いやすい

比較した口腔ケアサプリには「粉末タイプ」と「粒タイプ」の2種類があります。実際に2タイプ使ってみて便利だったのは「粉末タイプ」でした。

粉末タイプは量の調整がしやすい

1日あたりのにゃんこに与える目安量は、体重から算出されているのが一般的です。

ただし、口腔状態がかなり悪化している場合は、菌の数で悪玉菌に負けないよう通常の2~4倍を与えてあげることも。菌の数が悪玉菌の数に負けてしまっては意味がないですからね。

歯茎に直接すりこむ使い方ができる

  1. 溶かした水を舐め切らせる
  2. フードにかける
  3. 歯茎に直接すりこんであげる

この3つが効果的な与え方です。

溶かした水を「舐め切ってくれる」かは、にゃんこのことなので…なかなか現実的ではないのかも。

粉末タイプならフードにかけるのはカンタン!フードにかけつつ、少量をはぐきにすりこむ練習をすることで、歯磨き慣れ→ゆくゆくは歯ブラシを使ってのケアにつなげたいところです。

猫の口腔ケアサプリのラブリービーは無味無香料

「猫は食べ物の好き嫌いがはっきりしている」とよく言われます。

一度おいしいと思うフードに出会ってしまうと、どんなにお腹がすいていても二度と以前のフードを口にしなくなるにゃんこもいるんだとか。

これは、「猫は香りや味や食感よりも、自分にとって栄養のあるものを重視する」という事実からきていることだと、最近の研究で判明しています。

さらに猫には新奇性恐怖症(新しいものを嫌う)という傾向があるそう。それゆえ「新し食べ物や普段と違う食べ物に挑戦するのを嫌がる」結果、「食べ物の好き嫌いが激しい」という見方につながるんだとか。(ペット栄養学研究所、アドリアン・ヒューソン=ヒューズ博士の研究より)

もちろん個体差はあるので「全く気にしない」にゃんこもいますが、無味無香料ならどんなにゃんこも気づきません。

K12配合猫用口腔ケアサプリ比較

 

ラブリービー

プロバイオデンタルペット

デンタルバイオ
口腔善玉菌K12K12・M18K12
その他成分デキストリン
フルクトオリゴ糖
タウリンラクトフェリン
イソマルオリゴ糖
無味無香料粒タイプ/バニラ風味
粉タイプ/無味無香料
チキン味
人用製品 ×
返金保証60日間××

「その他成分」について調べてみました。

  • デキストリン:甘藷(さつまいも)の食物繊維。
  • フルクトオリゴ糖:さとうきびから採れるオリゴ糖。
  • タウリン:山羊由来の天然成分。
  • ラクトフェリン:多くの哺乳動物の乳に含まれているたんぱく質の一種。(成分由来の表記なし)
  • イソマルオリゴ糖:オリゴ糖の一種。(成分由来の表記なし)

K12配合猫用口腔ケアサプリ料金比較

犬猫の歯垢は約3日で歯石になってしまうので、物理的に歯垢を取り除く歯ブラシが苦手な子は、口腔ケアサプリの継続使用が安心ですね。

 

ラブリービー

プロバイオデンタルペット

デンタルバイオ
定価

3,980円(1か月換算:3,980円)

■粒タイプ(60粒)3,240円(1か月換算:1,620円)
■粉タイプ(14g)2,214円(1か月換算:1,660円)

(10粒×10シート)2,780円(1か月換算:930円)
送料600円メール便:216円

地域によって変更あり

(例:神奈川県648円)

定期便初回1,880円(1か月換算:1,880円)
定期便2回目2,300円(1か月換算:2,300円)
定期便3回目以降2,200円 (1か月換算:2,200円)
特典

2個以上注文で
2個目以降500円OFF
(2回目以降の注文で適応)

3ヵ月換算

2,126円

■粒タイプ:4,860円
■粉タイプ:4,980円

2,790円

※料金は税込み価格。1日使用量は各公式サイト掲載の推奨量で計算。3ヵ月換算量に送料は含みません。

歯周病は全身疾患につながるやっかいな病気。できるところからケアを頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました