【あなたは見つけられる?】一生に一度の子猫乳歯をゲットせよ!

2018年6月29日子猫

突然ですが、わが家での【猫を飼い始めてびっくりした!ランキング】第3位は…子ネコの乳歯が抜けた事件ですっ!(ちなみに第1位は、ひも誤飲事件、第2位は猫カビ事件です)

猫も人間と同じように一生に一度だけ、乳歯から永久歯への生えかわりがあります!わが家での事例・乳歯に関してのことをまとめました。

乳歯1

子猫の乳歯は生え変わります!

猫飼い初心者の私。実は、歯の生え変わりについてよく知りませんでした。ねこ博士から【なぜ生え変わるのか】について教えてもらいましょう♪

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”neco.jpg” name=”ねこ博士”] 歯の大きさは、生えてから変わることはないけれど、顎の骨は成長と共に大きくなるよ。 [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”nikkori02.jpg” name=”わたし”] 確かに、歯が生えてから大きくなったら、なんか怖い…[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”neco.jpg” name=”ねこ博士”] 顎だけ大きくなっても、歯がちっちゃいままだったら不便だよね。 [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”nikkori02.jpg” name=”わたし”] 肉食の猫には、最大の武器だもんね![/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”neco.jpg” name=”ねこ博士”] だから成長した顎にぴったりなサイズの大きい歯が必要になって、新しい大きな歯が生えてくるんだ。 [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”nikkori02.jpg” name=”わたし”] なるほど!それが、生え変わりの目的なんだ! [/speech_bubble]

乳歯の生え変わり時期=顎が大人サイズに成長してきたサイン!

生え変わりはいつ?

まだ赤ちゃんネコを育てている方は、いつごろから生え変わるのか、気になりますよね。

[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”nikkori02.jpg” name=”わたし”] じゃあ、何か月齢のころに生え変わるのかな?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”neco.jpg” name=”ねこ博士”] 早い歯は、3カ月齢頃から生え変わることがあるよ。 [/speech_bubble]

 

  • 一気に生え変わるのではなく、順に生え変わっていく。
  • 人の【乳歯が抜けてから、永久歯が生えてくる】というサイクルと違い、【永久歯が生えたから、乳歯は不要になって抜け落ちる】というサイクル。
  • 人の【六歳臼歯】のように、生え変わりのない永久歯もある。

 

ちなみに…わが家の場合、抜けた歯を発見したのは、7カ月齢の頃でした。

乳歯と永久歯の見分け方

生え変わりの時期はわかりました。では、見た目の違いはどんなものでしょう。

うちの子の今の歯(永久歯)と、抜け落ちた乳歯を比べた写真をお見せしたいのですが…今のところうまく撮影できず(*_*;上手くいったらお見せしますね!

とにかく、感覚でいうと乳歯のほうが永久歯より小さめ・先がとがっているという感じ。

乳歯は何本?永久歯は何本?

そもそも乳歯の数は何本かご存じでしたか?乳歯の数がわかれば、今後何本生え変わりがあるか予想がつきますね。生後6週頃に生えそろう乳歯の数は全部で26本。

生え変わった後の永久歯は、乳歯にはなかった後臼歯が加わり、全部で30本になります。

   26本だった乳歯が生えかわって、30本の永久歯になる。

ということは、あかちゃん猫から飼育しているおうちでは「26本もの乳歯が発見される」ということ~??

つかまったjpg

どんな時に、抜け落ちた乳歯を発見した?

  • おもちゃで遊んでいた時、急に「ハガハガっ!」と口を動かして
  • 水飲みの器の中にポトリと沈んでいた
  • 噛みついて遊んでいたおもちゃにくっついていた
  • 床にポトッと落ちていた

わが家での乳歯を発見した状況は、この4つのパターンでした。ん?乳歯は26本あるはずなのに、見つけた乳歯は4本だけ?残りの乳歯はどこにいった~!

早い子では3カ月齢から生えかわるということでした。4カ月齢から生活を共にしているので、それ以前のシェルター時代に何本かは抜けていたとしても、その他多数は??多分、飲み込んでしまったのでしょう

多くの猫飼いさんも抜けた乳歯をゲットできて数本、その他は飲み込んでしまっているみたいですが、それが原因で体に不調がおきた( ゚Д゚)という話は聞きません。(かしらも調べによる)気にしなくて良さそうです。

抜けた乳歯をねこちゃんが飲み込んでしまっても、大概大丈夫!と思っておく。

はれ、出血がひどい時には病院へ!

それでも、ねこちゃんによっては、この時期に口内のトラブルを起こしやすい子もいるようです。

  • どうやら口内を痛がっているようだ。
  • 乳歯が抜けたが、出血がひどい。
  • 永久歯が生えてきたのに、乳歯が残ったままだ。
  • 歯ぐきが、赤くはれている。

こんな症状が1つでもみられた場合には迷わず、動物病院へゴー!です。

口内を痛がっている見分け方

ネコが 歯や口の中を痛がる様子は、口をくちゃくちゃ言わせる ・ 口の中や頬のあたりを 前足で引っかくようにする ・ 食べている途中でびくんとしたり大声で鳴いたりする ・ 食べるスピードが落ちたり 食欲がなくなる ・ 顎をガクガクさせる・よだれを流す、などです。

知恵袋

明らかに、普段と違う様子ですよね。口内炎の場合、進行していくと痛さのあまりごはんが食べられず、衰弱ということもあり得ます。「おかしいな」と思ったら様子見をせず、すぐに受診しましょう。

new32H

乳歯が生え変わらない!?

乳歯が抜けない=生え変わらないと判断する時期はいつなのでしょうか?

通常早くて3カ月齢からスタートする乳歯の生え変わりは、7~8カ月齢頃までには永久歯に生えそろうと言われています。(わが家でも7カ月齢の頃スタートし、2.3週間の間に立て続けにぽろぽろ抜け落ちました。)

なので、少なくとも1歳を過ぎても乳歯が生え変わらず、残っている状態を「乳歯晩期残存症」といいます。噛み合わせ異常やひどい歯周炎を引き起こしかねない状態になってしまうので注意が必要です。

歯並びが悪くても矯正可能

乳歯が残っている場合は、そのうち抜けるだろうと様子を見ずに、すぐに抜歯しましょう!  判断が遅くなると、歯並びは一生治せません。本来は、乳歯が抜けた後に、乳歯の生えていた同じ場所から永久歯が生えてくるべきです。つまり、乳歯の生えている位置が永久歯の正しい生える位置です。 乳歯が抜けないうちに永久歯が生えてくると永久歯は間違ったところに生えるしかありません。

とだ動物病院

人間と同じように歯並びに異常があると、あごがゆがむ・上あごに穴があく(犬歯の生える場所が異常なとき)といった不都合が生じます。

そのように、本来の場所ではないところに、永久歯が生えてきてしまっても、時期が早ければ手術による矯正が可能。ただし、その時期を逃してしまうと人間のような装置を取り付けての矯正方法に。手術の方が費用も安く済むし・きれいに簡単に治せるとのこと。

一番は生後6~7ヵ月で病院での永久歯への生え変わり具合の検診を受けることです。3歳以降急激に増えると言われている歯周炎予防方法について、獣医さんのアドバイスをもらうことをおすすめします♪

やったー!猫乳歯ゲットォー!…猫専用乳歯ケース、ありますよ。

そのほとんどを飲み込んでしまう(と、言われている)猫乳歯を発見したあなた、おめでとーございます!そんなあなたは、きっと以下のどれかにあてはまるはず。

チェック 予め乳歯が抜けることを知っていた。
チェック 歯ブラシ等口腔ケアをしっかりしていた。
チェック 部屋の掃除が丁寧だ。
チェック 何もしていないが、ただラッキーだった。

(私は一番最後のパターン…)

そんな貴重な乳歯さん。なんと、ねこちゃん用の乳歯入れねこちゃん用のひげケースもあるとのこと。掃除の時、たまに見付ける猫ひげ。なんとなく捨てがたい気持ちだったのは私だけじゃなかったのね~。ねこ飼いのお友達へのプレゼントとしても喜ばれそう♪

こちらは「ピューター」という金属で作られたイギリスの伝統工芸の一品。イギリス製、手作りです。さびることがほぼない、という点が魅力です。ご紹介のデザインの他にも猫がモチーフになった乳歯ケースがいっぱいありました。猫飼いさんならわかる、あるあるの表情がかわいいですよ。

まとめ

赤ちゃん猫から飼育し始めるなら、「おおよそ3か月齢~7カ月齢の間に乳歯から永久歯への生え替わりがある」と覚えておきましょう。生え変わり後の異常がないかどうか、6か月齢~7か月齢を目安に口内をチェックしてみるといいです。抜け落ちた乳歯をねこちゃんが飲み込んでしまっても、大した問題ではなさそう。人間と同じで自然の生理現象なので、特に気を張る必要はありませんが、中には注意が必要な場合もあり。

3歳ぐらいから急増するといわれている歯肉炎の予防も毎日の歯磨きから。スムーズに口内チェックできるよう、普段からスキンシップを図っておきましょうね!

2018年6月29日子猫

Posted by かしらも