アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

猫が自分から入るキャリー!?コロルおでかけネコベッドの秘密

ベッド・おもちゃ・キャットタワー

動物病院へ連れていくときに必須のアイテム「猫キャリー」。「嫌がって入れるのも一苦労…(涙)」ってことはありませんか?

「コロルおでかけネコベッド」には、にゃんこ自ら「入りたくなる」仕掛けがありました!

※当ブログ記事は商品を提供頂いた上で、執筆掲載しております。(提供/リッチェル)

ベッド+キャリーで大活躍!猫が吸い込まれるおでかけネコベッド

おでかけネコベッドは、名前の通り

  1. おうちでは「猫ベッド」として
  2. 連れ出したいときはそのまま「キャリー」として

使えちゃう!という1台2役の商品なんです。

使わないとき意外と邪魔になるのがキャリー。普段はベッドにもなるので置いておくスペースが無駄にならない♪

コロルおでかけネコベッドが届く様子

組立なく到着後すぐに使えます

キャリーとして使用するときは、ハンドルで持ち運ぶタイプです。

猫が吸い込まれる秘密1・ドーム型の形状

コロルおでかけネコベッドSサイズの口コミ

わが家では「UFOベッド」と呼んでいます(笑)

囲われている感いっぱいの「ドーム型」という形状もにゃんこが好きな要因ですよね。

実はねこのきもちを読んで「キャリー嫌いになってしまうと、とっても大変!」ということを知っていたので、にゃんこがわが家に来て以来「キャリーを好きな場所になってもらおう!」と、普段から手持ちのキャリーをネコベッドとして使用していました。

猫飼い6年目ママが思う、ベネッセ「ねこのきもち」購読メリット
雑誌「ねこのきもち」を購読するメリットを、猫飼い6年目としての観点からまとめました。書店での購入不可、2号~の購入約束など…ちょっと不便に感じるところもありますが、猫飼い初心者さん・ひさびささんには特に猫飼い経験値が一気にアップするアイテムとしておすすめします!
普通のキャリーをベッドとして使っていました

ただのキャリーをベッドとして使っていた、以前の様子。

もともとただのキャリーですから、付属のクッションなんかもなくって使わなくなったフワフワ布なんかを入れて、無理やりクッションっぽくしてたんです(汗)

コロルおでかけネコベッドで猫が丸くなって寝ている様子

にゃんこ3.6㎏

コロルおでかけネコベッドを以前と同じ「少し高さのある場所」に置いてみると…匂いをクンクンした後、ぴょーんと自らダイブ!

まるーくなってぐっすりねました。

長方形のベッドよりも丸型が好きみたいという口コミもありました。冬の寒い時にする『ニャンモナイト』ぴったり支えてくれる円形がいいのかも!?

飼い主としては「ちょっと窮屈かなぁ?」と思うサイズ感ですが…

コロルお出かけネコベッドに猫が入って使っている様子

まどろんでいるときはあごのせスタイルが多いです

もともと狭いところ好きのにゃんこにとってはたまらない空間なのかも。

コロルおでかけネコベッドで猫が入っている様子

やっぱり熟睡後のあくびには、はみ出ちゃいますが(^^;

猫が吸い込まれる秘密2・猫好みのふわふわクッション

コロルお出かけネコベッドインナークッションの様子

おでかけベッドの中には、取り外し可能のクッションがついています。

適度な厚みもあり、触るとふわふわ~のさわり心地。「このふわふわ、猫って好きだよね~」ってやつです。

普段のにゃんこの行動を見ていても、「ふわふわ」なところを選んで寝てますよね。人間も同じだけど(^^;やわらかいところがいいよね♪

おでかけネコベッドのお手入れ方法

コロルおでかけネコベッドの手入れ方法
まるっと取り出せるクッションはよごれちゃっても、手洗いできます!

【クッションの手入れ方法】

  • 30度以下の水で
  • 手洗い
  • 洗濯後は風通しのよいところで陰干し

本体部分もプラスチック製だから、丸洗いできます。

【本体の手入れ方法】

  • 洗剤を水またはぬるま湯で薄めてからやわらかい布かスポンジで拭く
  • 拭いた後は直射日光を避けて陰干しにて乾燥

とは言え…

球体だから内側を拭くの実際は面倒なんじゃない?

って思いました?

実は、本体下部の他とはやや色が違う部分がパカパカ動くバックルになっていて、そこを外すと(Sサイズは3か所・Mサイズは4か所)本体上部がそのままパカット取り外せる仕様になっているんですよ。

パカッと上下2分割にしてから、外側も内側もふきふきすれば楽ちんです♪

動物病院に連れて行ったとき、恐怖でキャリーの奥で固まっちゃうにゃんこも多いんです。(子猫の時は大丈夫だったのに、成猫になってからブルブル震えるようになっちゃった…わが家にゃんこ)
そんな時上からパカッと取り外せるので、上から簡単に抱き上げることができてとても助かっています!

飼い主さんにウレシイ!車移動も可

corolenekobed05-1

上部の色付きフードはスライド式でスイーっと前に移動します。にゃんこを連れ出すキャリーとして使用する際は、このフードを下まで下ろしてロックすればOK。

本体後ろに、何か所も通気口が開いているのでご安心を(笑)

本体にはシートベルトを通すひっかけ部もあって、車移動もできちゃいます。

コロルおでかけネコベッドのサイズ選び

体重目安サイズ(cm)製品重量
Sサイズ4kg以下φ34×29H1.2kg
Mサイズ8kg以下φ42×35H1.6kg
カラーベージュ・パープル

目安体重とにゃんこの体重を照らし合わせて、サイズ選びをしました。が、実際に届いてみると「小さすぎない?」と感じたのが正直なところ。

わが家のにゃんこは体重3.6㎏(成猫)。会う方会う方「ちっちゃめだね~」と言われるにゃんこですが、Sサイズで「みっちり」という感じ。中に入って方向転換できるものの、入っている間は常に丸くなっています。

『3.5㎏でMサイズだとゆったり広かったのでSサイズがよかったのかも』という口コミもありました。ここが難しいところですね…。

寒い時期になると自ら入っていくので、この狭さでもにゃんこは気に入っている様子。キャリーとして使ってもいるので、結果的にわが家ではこのサイズでよかったかな、と思っています。

ご自宅のにゃんこの体形・体高・性格(みっちりが好き?ゆったりが好き?)、使用用途(ベッドメインか、キャリーメインか)からサイズ選びをされることをおすすめします。

以上、猫が自ら入るキャリー!?コロルおでかけネコベッドの秘密でした。

コメント