アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

フロントオープンのヨガ気分ブラで授乳も楽【もっさりした背中はもう卒業!】

フェリシモフロントオープンのヨガ気分ブラを実際に見てきた口コミ ファッション・クロックス

授乳、おむつ替え、抱っこ…ママの動作は「前かがみ」になることが多いもの。

特に授乳中はお子さんの体重をサポートしながら、独特な体制になるので「肩がこる」というママさんも多いのでは?

2011年の発売以来、シリーズ累計110万枚突破(2018年7月現在)という大ヒット商品!

フェリシモのflufeel(フラフィール)より、ヨガ気分ブラ(フロントオープンタイプ)を見てきました。

姿勢美人も手に入る授乳ブラとして、おすすめしたいアイテムです。

とにかく種類が豊富!▶ 『ヨガ気分』インナーシリーズ一覧

ヨガ気分ブラは授乳ブラとしても使える?

授乳ブラは母乳で育てるママに、とっても便利なアイテム。この記事を書いている私も、2人の娘を完全母乳で育て、授乳ブラにお世話になったひとり。

フェリシモのヨガ気分ブラは、授乳中の胸にはどうなのかチェックしてみました。

ノンワイヤーで乳腺圧迫しづらい・きつすぎないキープ力でバストを支える

授乳期のバストにはどんな変化が起こるのかを理解すると、適するブラの条件がわかってきます。

フェリシモフロントオープンのヨガ気分ブラのカラーバリエーション

上:ミストラベンダー 下:シックシナモン

産前から産後・授乳中は母乳を作るため乳腺が発達し、乳腺の水の含有量が増えます。潤沢な母乳を生み出すために血流を圧迫しないことが重要です。

授乳ブラの条件①
乳首から放射線状に広がっている乳腺、水分を運搬する血管を圧迫しすぎないもの

授乳後もキレイな形のバストをキープしたいですよね。それなら、バストをきれいな丸い形に保つのに重要な働きをしている『クーパー靭帯』に着目する必要があります。

授乳のため発達するバストの大きさについていくため、クーパー靭帯は「無理やり」引き延ばされる運命。

伸ばされるのはしょうがないとして、「切れる」を防ぐことが大事です。なぜなら靭帯は一度伸びたり、切れたりしたら修復は不可能なものだからです。
(ブラを付ける習慣のない民族の方たちの胸は、垂れている…という映像を見たことがある方も多いのでは)

授乳ブラの条件②
クーパー靭帯が切れるのを防ぐため、バスト位置をサポートする力があるもの

つまり、授乳期を心地よくすごし授乳後もきれいなバストをキープしたいなら、きつすぎないけれどしっかりバストはささえてくれる。そんなキープ力があるブラが最適です。

  • アンダー部分がとってもやわらか
  • くいこまないので痛くない
  • ズレにくくバストをやさしくホールド

出典:フェリシモカタログ 「ヨガ気分ブラ徹底解説」

フェリシモのヨガ気分ブラは、ノンワイヤーでカップがとっても柔らか。くいこまないホールド感がちょうどいい。

公式サイトで詳しく見てみる▶ ヨガブラ特集

吸湿速乾素材使用で汗をかいても快適

フェリシモフロントオープンのヨガ気分ブラの内側

ワイヤーなし・パッドポケットつき・手洗い可

授乳中って意外と汗をかくもの。

ぐずる赤ちゃんを抱っこして、ちょうどいい角度で体重を支えながらキープして…。

フェリシモ 肩甲骨をらくらく意識で からだしなやか ノンワイヤー ヨガ気分ブラベーシック (フロントオープンファイン)の会は、メッシュタイプの吸汗速乾素材なので快適です。

吸湿速乾素材のタイプは先述の「フロントオープンファイン」と、スポーツ時や暑い日を想定して作られたフェリシモ 肩甲骨をらくらく意識でからだしなやか ノンワイヤーヨガ気分ブラ(アクティブプラス)の会の2点のみ。

フロントホックで着脱簡単・前かがみの着用でバストも自然に整う

フェリシモフロントオープンのヨガ気分ブラのフロントホック

ライトネイビー

授乳ブラでよくあるパターンは「クロスオープン」「ストラップオープン」「ウィンドオープン」そして「フロントオープン」の4つですね。

私自身が使ってみた感想として、

  • クロスオープンは授乳に便利な反面、複数回使っているとよれるのが早い。
  • ストラップオープン・ウィンドオープンは、ストラップ部分が直接バストにあたって不快・金具の付け外しが面倒…。

結局、フロントオープンタイプがラクチン!と感じていました。

パチッとホックをはずして授乳(反対側から母乳が垂れるのを防ぐために、張り付けてある母乳パッドでおさえつつ…)→お子さんを反対側に抱えなおしてもう片方で授乳、がスムーズにできます。

前かがみでパチッと着用すれば、バストも自然に整うのがフロントオープンのさらに嬉しいポイント♪
公式サイトで詳しく見てみる▶ ヨガブラ特集

【ヨガ気分ブラの着用感】幅広たすき掛けストラップが気持ちいい!胸を開く解放感

たすきストラップで肩甲骨を意識、猫背・肩こり解消につながる

フェリシモフロントオープンのヨガ気分ブラバック

「∞」の形をしたオリジナルの【幅広たすきストラップ】で、丸まりがちな背中をぐぐっと寄せて、胸を広げるサポートをしてくれる、ヨガ気分ブラ。

フェリシモフロントオープンのヨガ気分ブラの口コミ

「着るだけで背中がピンっ!」が叶うブラです。ただし「ただ着用するだけで姿勢がよくなる」ものではなく、あくまでもサポートしてくれるアイテムとして認識することが大事です。

以前、娘の猫背がひどいような気がして、整形外科で診てもらったことがあります。レントゲン撮影の結果「問題なし」。

しいて言えば…筋肉が細く、全体的に張っている感じかな。同じ姿勢を長く続けないで、ストレッチ&できれば筋トレしましょう。

とのことでした。

  1. 悪い姿勢を続けない
  2. ストレッチを習慣にする

この2点が、美姿勢の為には必要なんですね。ヨガ気分ブラをつけていると、ストラップの力で「美姿勢」を意識しやすくなるので「悪い姿勢を続けない」に貢献します♪

ヨガ気分ブラはきつい?痛い?口コミからみる評判

それでは、実際にヨガ気分ブラを使っている方の口コミを見てみましょう。(口コミは公式サイトより抜粋)

フェリシモフロントオープンのヨガ気分ブラ幅広ストラップ

わき幅もしっかり

窮屈さを感じず、背中がシャキッとした感じがしました。 しかも、脇からしっかり胸が収まる感じでラインがキレイで本当に良かったです。仕事の日、休みの日、どちらも快適に過ごせました。

幅広ストラップ&一般的なブラよりも脇高設計なので、背中側や脇に余ってしまうお肉まで、しっかりカップに収めることができます。(背中の「ぷよ肉」防止に!)

ヨガ気分ブラには、被って着用するタイプと今回紹介のフロントオープンタイプの2種類があり。フロントオープンタイプだと『より背中のお肉もまわって、胸にきてる感じ』がするそうですよ。

お肉は、加齢とともにどんどん柔らかくなってきて他の部分へ流れやすくなってくるから、しっかりカップに収めてあげることで育乳効果も。

フェリシモフロントオープンのヨガ気分ブラフィット感

薄手で幅広、安定感も抜群です

初めは少し窮屈な気がしましたが、慣れてくると使っているのを忘れるぐらい、フィットしていました。デザインも色も気に入りました。猫背なので、胸を張るよう意識していますが、背中にストラップが当たることでより肩甲骨を意識できているような気がします。

ともすると丸まってしまう背中。

幅広ストラップが背中にあたることで「あ、今姿勢悪くない?」と意識して、正しい姿勢を保つ。ストレッチをして、かたまりがちな肩甲骨まわりの筋肉をほぐし、美姿勢に!

ヨガ気分ブラのサイズ選び

試着をしないで衣類を購入するのは難しいもの。ですが、フェリシモのヨガ気分ブラはカップとアンダーに分かれたサイズ展開のため、よりフィットするサイズが選べるようになっています。

フェリシモ 肩甲骨をらくらく意識で からだしなやか ノンワイヤー ヨガ気分ブラベーシック (フロントオープンファイン)の会 サイズ(全19パターン)
A70・A75・A80・A85
B65・B70・B75・B80・B85
C65・C70・C75・C80・C85
D65・D70・D75・D80・D85

バストだけボリュームアップすることもある、授乳期ママさんにも合わせやすいサイズ展開です。

サイズ変更する場合は、商品到着後10日以内に返送を。(返送料:お客さま負担)

ヨガ気分ブラは1枚から購入可能

フェリシモ ヨガ気分ブラは、1枚だけでの購入も可能です。

毎月1回、3種類の中から、ローテーションで、1種類ずつお届けします

という文言を見ると、フェリシモ初心者の方は「…?」になってしまいますよね。

通販会社フェリシモの一般的な販売パターンは「月に1度、購入商品が届く(色・柄はフェリシモにて選定)」というものだから、この文章なんですね。

商品購入後、マイページより「次回注文数」を「0」にしておけば大丈夫。次回以降送られてくることはありませんよ。

時間によってはフェリシモ公式サイトにて「チャットによる質問」を受け付けていますよ!気になる方はこちらから覗いてみて→ヨガブラ特集

以上、フロントオープンのヨガ気分ブラで授乳も楽【もっさりした背中はもう卒業!】でした。