ウールサッキング対策に、猫キッカーを手作りしてみたよ。

2018年6月27日ウールサッキング

どーも、かしらもです。にゃんこによるウールサッキング、本当に悩ましいですね。劇的に治る方法はない、ともいわれていますが、にゃんことの同居生活をより楽しむ為に!少しでも改善できるよういろいろやってみようじゃぁありませんか!!

猫キッカーとは

にゃんこがおもいっきり噛みついて・けりとばして遊ぶおもちゃです。

多頭飼いにゃんたちは、お互いにそうやって遊んでいるようですが、1頭飼いだとそうはいきませんね。にゃんこのストレス発散に活用されています。

市販されている猫キッカーのサイズはにゃんことほぼ同じサイズか、やや小さめ。

さくっと調べてみたところ、よく遊んでいるサイズは27・30・31.・33cmあたり。布製で内部に綿orポリエステル+またたび(粉or実)場合によっては鈴やカサカサ音が鳴るもの・しっぽ付きやウサギのファーボンボン付きとか。

この猫キッカー、商品によるのかもしれませんが「にゃんこ自身の好みがかなり大別される」よう。好きな子はよく遊ぶけど、興味ない子は全く遊ばないんだって!

なら、うちの子は興味あるタイプなのかどうか試してみよう!ということで、作ってみました☆

作り方

kiccker03

本には「キルティングなど丈夫な布」を推奨されていましたが、かしらも家にはキルティングの在庫がなく(思い立ったらすぐ作りたいタイプ)むすめが着なくなったデニム生地で、作成することにしました。

kiccker06

このサイズに2枚カットします。ただしこのサイズだと出来上がりのキッカーが22cmくらいになります。先ほどのよく市販されているサイズより小さいです。お宅のにゃんこのサイズと比べてみて、サイズの調整をお願いします。

小さくても・大きくても遊ぶ子は遊ぶみたいなので、サイズ感実際はむずかしいですね。まずは飼い主さんの好きなサイズで作ってみて様子をみるのが、一番いいかなぁ。かしらもは、出来上がりサイズを確認しないで、まんま本記載の通り作っちゃいました。

もう少し大きくても、よかったかなぁ。

kiccker02

型紙を作ります。難しく考えず、布に収まる大きさで作りましょう。

ちなみに!布をカットするとき縫い代が1cm必要ですので、型紙は布のサイズより最低1cm小さくなるように作りましょう!

今回の形は、本にあったものを真似て作りました(オットセイ、とのこと)。その型紙と生地2枚を待ち針でとめます。縫い代分1cmくらい外側をカットしていきます。

kiccker01

ここは、かしらものオリジナルなやり方ですが。型紙+生地を中表(出来上がりに表になる部分を内側に合わせる)にして、待ち針でとめます。

そのまま、型紙にそってぬっていくと縫いやすいです。(手縫いでもOK)ただし、全部縫ってしまわないでくださいね。

kiccker08

縫い終わってから、この生地をひっくり返して表面を出します。その時ように一部わざと縫わないで開けておきます。ここの幅は適当でいいんですが、あまり狭すぎるとひっくり返す時にとっても大変なことになります。余裕をもたせて開けておきましょう。

kiccker05

ひっくり返せたら、わたを入れていきます。「綿はたっぷりと入れたほうが蹴りがいがあります」とのこと。たっぷりたっぷりと。

途中、またたびの粉をふりかけたものも混ぜて入れました。

市販のおもちゃは「またたびの実」が入っていることが多いようで、どれくらい入れていいのかわからなかった(本にも記載なし)のですが、全体で15ふりくらい入れてみました。

kiccker04

あとは、綿を入れた部分を手縫いで縫い合わせ&顔をステッチでつければ出来上がり!です。

時間にして1時間くらいでした。(あらかじめ材料や道具を準備しておけばもっと早く作れるかも。思い立って作り始めたので、途中であの道具を持ってきて。。とかやっていたので(*_*;)

kiccker08

まだ、おなか部分縫い付けていないんですけど、やっぱり反応が気になるじゃないですか!さっそくにゃんこに与えてみると…

kiccker07

2.3回匂いを嗅いだあと、かぷっかぷっ!と噛みついた!けど、デニム地は固すぎた?!もしくは綿を入れすぎた?!かしらもが期待していた「抱き着いて後ろ脚でけりけりけりっ!!」っていうのがみられず。噛みついたり、前脚でぽーんっと蹴とばしてみたり。そんな遊び方でした。

まとめ

今回作成してみてわかったこと

  1. 猫キッカーは簡単に作れる
  2. 素材はフェルトか、キルティングのほうがよかったかも
  3. 次回は、出来上がりサイズ30cmくらい+シャカシャカ音がなるようなものを入れてみたい

市販品の使用者のコメントをリサーチしてわかったこと

  1. 猫キッカーは、にゃんこの好みが大きくわかれるおもちゃ。
  2. 大好きで遊んでいた子も、時間とともに遊ばなくなったり思い出したように遊んだり。

また、(気が向いたら)作ってみます(*_*)

2018年6月27日ウールサッキング

Posted by かしらも