【PrimePets】ペット用品10%オフ!Amazon無料体験 ≫

くいしんぼ猫ちゃんもこれで撃退!台所に入れない超簡単な方法。

この記事は約9分で読めます。

猫を飼い始めるまで想像もしていなかったこと。それは、台所にぴょんぴょん飛び乗ってくること。

にゃんこは「匂い」で食べ物を察知する生き物だから、台所で料理をしたり、食べ物を置いておいたりすればその匂いを察知して「なんかあるぞ~」って見に行くのは、当然の行動なんですよね。

でも、台所には危険がいっぱい!

■台所に入って困る理由■

  • 人にとって:衛生的な問題
  • 猫にとって:ケガの恐れ(包丁や沸騰したお湯など)
  • 猫にとって:食べてはいけないもの(ねぎ類など)を食べてしまう危険性
  • 猫にとって:規定量外のものを食べてしまう→肥満につながる

台所に入ってこないようにしたい!
キッチンカウンターに乗らないようにしたい!
シンクでのいたずらをやめさせたい!

こんな飼い主さんも多いはず。この記事では、

  • 猫飼いさんおすすめのキッチン侵入防止方法を試してみた結果
  • わが家流キッチン進入禁止シートの作り方
  • 人気のキッチン猫対策グッズ

をお伝えします。

飼い始めで、台所に侵入され困っていた日々の様子

対策前の調理時間、わが家で繰り広げられていた様子はこんな感じでした。

  • 足元でうろうろするにゃんこを意識しながら作業する私
  • 台所にあるペダル式のゴミ箱の上に乗って、作業中の私を観察するにゃんこ

ちょっと目を放すとぴょ~んとキッチンの上に飛び乗るにゃんこ!急いで下ろす私。

さながらトムとジェリーの追っかけっこでした。

さらに調理が終わった後も使った器具なんかを出しっぱなしにしようものなら、そそくさと見に行ってしまうので、ぜーんぶキレイに洗い終わってからやっと私の食事タイム。

せっかく調理したごはんは冷めるし、こちらもお腹がすいて早く食べたいのにぃ~(涙)。

「これではいかん!!」と、本などでおすすめ情報を色々試してみました。

猫をキッチンに侵入させないおすすめの方法4つを試してみた

本やネットで検索してみて、よくおすすめされている方法は以下の4つでした。

  1. 入って欲しくない場所にべたべたするものを貼っておく
  2. 音でおどかす
  3. 水でおどかす
  4. 物理的に入れないようにする

1~3は「近づくとイヤなことが起こる」と猫に覚えさせる、一種の「しつけ」のようなものでしょうか。簡単にできるものから順に試してみました。

1.入って欲しくない場所にべたべたするものを貼っておく

わが家では調理台の上に飛び乗ってくるのを防ぎたかったので、台所の淵全面にガムテープの裏が上になるように貼ってみました。

何も知らないにゃんこがいつも通り軽やかに調理台へジャンプ!べたべた部分に触ると、足をぷるぷるぷるっ!と振ってすぐに下りた!

なーんだ!最初っからこうすればよかったんだ~

なんて思ったのも、つかの間。二回目以降はべたべた部分を上手によけて歩いて行く…。ならば!「もっといっぱいべたべたゾーンを作れば…」となると、こんどは私の作業に支障が発生。

  • ガムテープのべたべた威力がなくなってきたら張り替えなければいけない
  • どこからジャンプしてもベタベタゾーンにあたるように貼っておく=調理中人が触ってしまう可能性も高くなり不便

わが家には効かないようでした。

2.音でおどかす

台所に上った瞬間に「こらっ!」とか「だめっ!」とか大声で言ってみたり、手をパンパン叩いてみたり…。急に大きな音で脅かす方法です。

  • 言って効いたのは15回に1回くらい
  • 急な大声に他の家族もびっくりする
  • 言っても下りないから、結局近づいて行って強制的に下ろす

飼い主さんの大声ぐらいでは「イヤなこと」とは認識されないようで…やっぱり、だめなようでした。

3.水でおどかす

スプレーボトルに水を入れて、台所に上った瞬間にゃんこに向かってぷしゅーっと吹きかける方法です。

最初のころは、上の2つの方法より効いていました。が、デメリットの方が多く感じやめることに。

  • 常に見張っていないといけない
  • 猫側もだんだん慣れてきて、効果が出るまでに猫がびしょびしょになってしまう
  • よく「スプレーしている本人は見られないように」とあるが、なかなか難しい

4.物理的に入れないようにする

「これをするといいことがある」のパターンはよく覚えてくれるわが家にゃんこですが、「イヤなことが起こる」バージョンはことごとく失敗しました。

\「これをするといいことがある」を利用して解決!/
これで解決♪猫による朝ごはん催促の、カミカミ攻撃対策!
ねこを飼い始めて少ししてから、早朝、まだ寝ている家族に噛みついて起こすようになりました(涙)。 噛まれたくないから、噛まれるより早くごはんをあげる ますますにゃんこの朝ごはん時間が、早くなる 熟睡できない… こん...

結果「物理的に入れないようにする」シートを作成、これがわが家にとって大成功!!でした。

狭小キッチン向け、猫侵入防止シート作成方法

狭小キッチンゆえ既製品の柵はかえって邪魔になりそう…ということで自作した、わが家なりの猫よけシートです。

完成図

完成

床からシートの上部までは145cmくらい。

猫的には十分飛びあがれる高さだと思うけど、ペラペラなシート状だからか初めて取りつけた時から今まで上ろうとしたことは一度もありません。

材料

作成方法

5ステップで完成です。

1・雑草防止シートをちょうどよいサイズにカット

裏

2・カットした部分のホツレ防止とハトメ部強化も兼ねて、左右・下の端に透明な養生テープを貼る

3・上の左右端っこにハトメを取りつける

ハトメ

4・台所の左右の壁面にマジックテープをつける

マジックテープ

5・シート下部の左右端っこにもマジックテープをつける→できあがり!

このシートは使用しない時、折りたたんで隙間に収納しています。

猫飼い当初、雑誌「ねこのきもち」で猫の性質や、しつけについて勉強しました。飼い主さんの勉強にもなるし、にゃんこへのおもちゃも人気です。

猫飼い6年目ママが思う、ベネッセ「ねこのきもち」購読メリット
雑誌「ねこのきもち」を購読するメリットを、猫飼い6年目としての観点からまとめました。書店での購入不可、2号~の購入約束など…ちょっと不便に感じるところもありますが、猫飼い初心者さん・ひさびささんには特に猫飼い経験値が一気にアップするアイテムとしておすすめします!

人気のキッチン猫対策グッズ

キッチンに猫が入らないようにする柵をDIYする

もっと本格的な柵となると、自作されている方が多いですね。ご自宅がカウンターキッチンタイプなら

  1. 台所に猫が入ってこないようなドアをつける
  2. キッチンカウンター自体に飛び乗ってこないように猫よけをつける

と、2段階での対策が必要になります。特にキッチンカウンターはご家庭によってサイズがさまざまですから対応に困りますね。なるべく簡単に作れる方法を考えてみました。

簡単にできるキッチンカウンター用猫対策DIY

キッチンカウンター側からにゃんこが飛び乗ってこないような柵を、3ステップで作ります。

1.カウンターの横幅に合わせて柱をたてる


柱セット2本入り LABRICO(ラブリコ)+ 無塗装手磨き2×4材

  • 賃貸物件を傷つけないつっぱりDIYツール:ラブリコ
  • 必要な木材もセット+オーダーメードカット無料
  • 工具不要で取り付けできる

カウンターの両端にそれぞれつっぱり式の柱をたてます。

「ラブリコ」とは、↑柱写真の上下に付いているパーツのこと。木材に被せるだけで、つっぱり柱にしてくれるすぐれもの。

これなら「DIY」といっても届いたものをセットするだけでOK。面倒な木材カット、運送全て対応してくれます。到着後、約5分で完成です。

2.横長タイプのつっぱり棒を付ける


突ぱり便利ポール レギュラーLL【取付寸法175〜280cm】

  • 2m55cm程のキッチンカウンターでもカバー可能
  • 耐荷重5㎏、遮光カーテンの重みでもたわまない
  • カーテン、部屋の間仕切りに使用する方が多い

先ほど立てた柱に横長のつっぱり棒をあてます。

↑こちらは横長+しっかりした強度のつっぱり棒なので、カーテンレールや部屋の間仕切りとして使っている方も多い商品。

幅のあるカウンターにもしっかり対応してくれる長さ。

3.つっぱりにシェードをつける


【つっぱり棒に通すだけ】シェード【13柄】

  • 長さ150cmまで
  • 追加料金なしで横幅は1cm単位でオーダー可能
  • つっぱり棒に通すだけで取り付け完了

最後に、カウンターの横幅に合わせた布をシェードとして取り付けます。Lサイズは横幅130cmまでなので、2枚で2m55cm程のキッチンカウンターでもカバー可能。

猫に入って欲しくない時はシェードを下げて、大丈夫な時は上げることで圧迫感が軽減されるはず。

ちなみに、以上3ステップでの金額は…

  1. ラブリコ柱2本セット:13,160円
  2. つっぱりポールLL:3,034円
  3. つっぱりシェード:10,710円(金額は全て2019年6月29日現在)

合計26,904円でした。

オーダーメードで作る猫用柵

キッチン内に入れないようにするドアをつけるなら、こちらの商品がおすすめです。
にゃんがーど

  • 柵幅2cm
  • 高さ188cm(平均的なジャンプ力を大きく上回る)
  • 足場が少なくよじ登れない

「猫の侵入防止用」として販売していながら突破されてしまうものもある中、猫の性質を理解した構造+オーダーメード対応で見た目も美しい+つっぱりタイプでお家も傷つけない。

ぴょんっと飛び越えたりススっと通り抜けたら全額返金します!の保証付きです。

ねこ専用脱走防止扉【にゃんがーど】

\壁や床を傷つけにくいつっぱり式のアイテム多数/

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

シンク・コンロの猫用防止グッズ

シンク=流し台の中に入り込んでいたずらをしてしまうにゃんこも、ちらほら見かけます。調理作業も便利に、にゃんこ避けもできる一石二鳥のグッズたちです。

コンパクト蓋つきゴミ箱


ごみ箱 ふた付生ゴミ入れ

  • コンパクトサイズ
  • ごみ袋を隠せる
  • ワンプッシュで開閉できる蓋つき

シンクに猫が入り込んでしまう理由は食べ物の臭いかも。かちっと閉まるので、「ゴミ箱に捨てた魚の皮を引きずり出してしまう…」ということもありません。使う時にはワンタッチで開けられます。

シンクを隠す水切り


たためる水切り ク・ルクル 大 58×47cm 【送料無料】

  • サイズは全部で6種類
  • 耐久性のあるステンレス製
  • 使用しないときはくるくるまるめて場所を取らない

シンクの上にかけ橋のようにして使う水切り。本来は食器を乾かして置いたり、作業スペースとして活用するためのアイディアグッズですが、シンク全体を覆ってしまえばにゃんこは入りこめません。

「シンクの中を舐めてしまう問題」対策に。ステンレス製である程度重さもあるので、にゃんこが自力でどかすのも無理なハズ。

愛猫家御用達コンロカバー


【燕三条製】ガスコンロカバー

  • IHでも対応
  • 持ち上げたとき不意に倒れないロック機能付き
  • コンロを使う時は持ち上げて壁の油跳ねガードに

にゃんこが五徳を舐めてしまう…をガード。6㎏超のにゃんこが乗っても大丈夫との口コミがありました。にゃんこ防止+キッチンを広く有効に使える便利グッズです。

にゃんこの平均寿命は約15年。物理的に入り込めない方法を取り入れて、安全+ストレスフリーな猫生活を楽しんで♪

以上、くいしんぼ猫ちゃんもこれで撃退!台所に入れない超簡単な方法…でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました