アラフォーママ目線による、 「ペット生活」・「ママ生活」がハッピーになるアイテムの レビューブログです。

リニューアルした2016秋冬のふかふかライニング付きクロックス・履き比べ

ファッション・クロックス

楽ちんクロックス秋冬の定番、ふかふかライニング付きクロッグたちを履き比べしてきました~。

2016年は以前と比べると「ちょっぴりスマート」に!

「ダボッとしたやぼな形はちょっとね~」っていう女子たちを振り向かせるべく立ち上がった!ダイエット後のふわもこクロッグたち。ライニングのあったかさはそのまま☆という男気感じる粋な変身を遂げていますよ。

   メルマガ新規登録でお得なクーポンプレゼント(クロックス公式サイトへ移動します)

classic mammoth luxe clog

「ふわもこのライニング付きクロックス」と言えば、この形を思い浮かべるかしら?classic mammoth luxe clog(クラシック マンモス ラックス クロッグ)は贅沢に変身しましたよ。

cozy17
クラシック マンモス ラックス クロッグ
icon

  1. ふっかふかの羊毛ライニング
  2. 履き心地レベル3(トリプルコンフォート)・最高レベルの履き心地
  3. シューズボディーは「クロスライト」素材で軽量

例えるなら「フットワーク軽めのセレブイケメン」

cozy06

室内履きとして使われている方も多いそう。

はだしで履いてみて…寒い冬にこたつであたたまりながらアイスを食べる的な、なんとも言えない満足感♪

ふっかふかの羊毛+トリプルコンフォートのベッドに、はだかで飛び込む感じを味わいたい方は是非!

crocs freesail plushlined clog w

crocs freesail plushlined clog w(クロックス フリーセイル プラッシュ ラインド クロッグ ウィメン)は、はなから女性の為だけにデザインされたモデル。

cozy03
クロックス フリーセイル プラッシュ ラインド クロッグ ウィメン
icon

足に沿ってそのままのラインが想像できるほど、すっきりとしたデザイン。

cozy05

内側のライニングもほとんど外に出ていないデザイン。先ほどのマンモス ラックスとは違う、やわらかな感触のライニングです。履き心地レベル2(デュアルコンフォート)・クロックスで真ん中レベルの履き心地。

ぱかぱかしないで足にフィットしてくる履き心地が気持ちいい

cozy11

ストラップなしのミュールのような着脱しやすいデザイン。

室内履き・社内履きとしての愛用者が多いのも納得のデザインですね。シューズ全体の「クロスライト」素材はフローリングでも滑りずらい性質なんだとか。

「証券会社勤めの理論派イケメン」

「締め付けなくても必ず最後には自分のところに帰ってくる」っていう自信にあふれているデザインです。

履き比べしてみました~。

cozy18

あふれだす愛情か、奥に秘める愛情か(笑)

cozy01

迫りくるゴージャス感か、すっきりとした都会感か…。

cozy19

ひっくり返してみてびっくり!同じサイズでもこれだけベースの差があるんですね~。

classic blitzen 2.0 graphic clog

classic blitzen 2.0 graphic clog(クラシック ブリッツェン 2.0 グラフィック クロッグ)はライニング付きクロッグの中で唯一、取り外して洗えるデザイン。

cozy13
クラシック ブリッツェン 2.0 グラフィック クロッグ
icon
写真左は色違いバージョン。同じデザインでもカラー違いでかなり印象が違いますね。

cozy09

注目すべきは、ライニングの中の模様★

cozy10

脱いだ時までかわいい、にくいヤツです(笑)

cozy15

ライニングの取り外しは簡単。パチッとライニングストラップを外して…

cozy07

シューズ内側部分も外して…取り出す!

cozy12

かかと部分にはライニングがずれないよう、マジックテープが付いていました。あくまでも取り外しは「洗浄の為」にできるのであって「ライニングなしで履ける」わけではないのでご注意を。

cozy21

履き続けることでライニングがへたってくるのはしょうがないこと。へたりは気付きやすいけれど、クロックスの底の減り具合って見落としがちです。溝が減ってくると滑りやすくなって危ないから、たまにチェックしてみてくださいね。

 ライニング取り外しで清潔に保てるこの子は…「真面目で礼儀正しいイケメン」

2016年の冬、あなたはどのイケメンを選ぶ?

コメント